ワンダーランドトップページ

売り物と知っていれば… 1232_medium ▼先日、大分市の男性警察官は久しぶりの休みで、友人と観光地に出掛けた。ぶらり歩いていると、土産物店の入り口に観光パンフレットがズラリ。「これは普段も使えて便利。見やすい地図を見つけた」と男性。地図を持って店を出ようとしたところ、友人に「これは売り物だぞ」と教えられた。よく見れば「100円」の値段が付いている。今にもお店から出ようとしていた男性、このまま引き返すのも格好が悪い。かといって、このまま出ればドロボウ。警察官とドロボウのはざまで揺れ動いた男性は、しぶしぶお金を払った。
1998年06月03日掲載 (2017年08月16日投稿)
千鳥足で高速道路を“散歩” 1231_medium ▼先日午前3時ごろ、「大分インターチェンジから大分自動車道に、男性が歩いて入っていった」と、同インターチェンジ料金所の職員から県警高速道路交通警察隊に通報。「車にはねられてしまう」と同隊が急行。自動車道の中央分離帯の下り車線側を光吉インターチェンジ方面に歩いている会社員男性を見つけ保護した。隊員が事情を聴くと、男性は酒に酔い、ろれつの回らない口調で「タクシーが通らないのでおかしいなと思っていた」という。同隊が光吉インターチェンジまで連れて行き、タクシーで帰宅させた。「交通量の少ない時間帯で大事に至らず良かった」と隊員。
1998年05月30日掲載 (2017年08月15日投稿)
水の恵み 200円なら安いもの 1230_medium ▼大分市の会社員男性は先日、竹田市に名水の水汲みに出掛けた。いつもの通り地元民が設置している駐車場料金箱に200円を投入、用意を始めた。そこにやってきたのが何度か顔を合わせたことのある年配の夫婦。主人の方が駐車料金を入れようとしたそのとき。「お父さん、何しよんの。入れんでいい」と奥さん。お金を持つ主人の右手をぴしゃりとやった。でもお父さんはひるまなかった。「バカタレが、水をもらうのに、駐車料ぐらい払わんでどうするか」。なおも不満そうな奥さんを無視し、照れ臭そうに男性に会釈しながら200円を入れた。「駐車場の料金は水汲み場の維持管理費として使われるそうです。水の恵みに感謝し、ちゃんと払わないといけませんね」と男性。
1998年05月28日掲載 (2017年08月14日投稿)
ギザジュー集め、怪しい?趣味 1229_medium ▼先日、大分市内の交番に「ゲームセンターの前に怪しい男がいる」と通報があった。署員が現場に急行したが、男が1人、自販機前にいるだけ。特に怪しい人物はいないと思いきや、その男は立ち去る様子がない。近づいてみると、男の胸ポケットには10円玉がぎっしり。1枚ずつ自販機にいれては返却レバーをガチャガチャ。「怪しい。偽造通貨を使用している可能性がある」と職務質問したところ、「ギザジュー(側面にギザギザのある10円玉)を集めてるんですよ」との答え。同じ趣味の方、通報されないようご注意。
1998年05月26日掲載 (2017年08月11日投稿)
“気配り”で二次事故を回避 1228_medium ▼先日午後、「別府市の富士見通りの路上に、ベニヤ板が点々と落ちています」と別府署に110番通報があった。「事故につながりかねない」と署員が急行。幸い、現場に到着した時には、20枚ほどのベニヤ板はだれかが歩道のわきに積み重ねており、事故はなかった。ベニヤ板を落としたのは大分市内の会社員。トラックの荷台にベニヤ板を載せていたが、しばらくして落ちたことに気付き慌てて引き返してきた。会社員は道交法違反(転落等防止措置義務違反)で検挙。署員は「ベニヤ板を片付けてくれたので、二次事故が防げた。いい人もいるんだなー」とホッ。
1998年05月25日掲載 (2017年08月10日投稿)
いたずら虫“現行犯”で御用 1227_medium ▼先日、大分中央消防署に「大分市都町のビルで火災報知機が鳴っている」と通報があった。同署員が現場に急行したが、煙や炎は見当たらない。「誤作動か」との見方が強まったが、ビルは施錠されており、中に入って確認できない。結局、ビルの持ち主が現れるまで消防車が待機。ベルは30分以上鳴り響き、一時は20人近くの野次馬が集まった。調査の結果、虫が報知機のセンサー内に入り込んだため作動したことが分かり、“現行犯”で御用となった。
1998年05月23日掲載 (2017年08月09日投稿)
大物ゲット! あ~あ、ぬか喜び 1226_medium ▼先日深夜、大分市内の会社員男性(22)は友人に、ルアーフィッシングに誘われた。前々から興味があった男性は、いい機会とばかりにさおからルアーまで道具一式を購入。その足で佐賀関の漁港に向かい、釣りを開始。友人に「狙ったところにルアーを落とせるようにして」と教わった男性は忠実に練習。岸壁につながれている漁船など障害物近くのポイントを狙った。どうにか、形になり始めたころ、男性のさおが急に重くなった。糸を巻きながら、「大物だ、助けてくれ」と、夢中で友人に声を掛けると「お前、船を釣ってる」と友人の一言。
1998年05月21日掲載 (2017年08月08日投稿)
岩間ぬって4回転、軽傷にホッ 1225_medium ▼先日、「別府市東山の県道一の宮線で、道路から車が転落した」と別府署に携帯電話で通報があった。「大けがでも負っているのでは」と署員が急行したところ、転落した車には4人が乗っていたが、幸い全員軽い打撲ですんだ。調べでは、免許を取ったばかりの大分市内の会社員女性(19)が友人3人とドライブ中、ハンドル操作を誤り、道路から転落。4回転ほどしたところで止まったらしい。現場は大きな岩がごつごつ出ているところで、女性の新車は壊れたものの「もし岩に激突していたら…」と署員はゾーッ。
1998年05月20日掲載 (2017年08月07日投稿)
自力で帰ろうと…疲れちゃった 1224_medium ▼先日、「大分市鶴崎で、目を離したすきに子どもがいなくなりました」と家族から大分東署に通報があった。いなくなったのは小学1年生の女の子。家族と一緒に、南大分の自宅から鶴崎に来ていたという。管内では、女の子が不審な男の車に乗せられる事件があったばかり。「事件に巻き込まれていたら大変」と、署員のほか警察犬も出動したが、行方は分からない。ところが3時間後、鶴崎から遠く離れた市内緑が丘団地で発見したとの報。団地行きのバスが終点に着いたところ、車内でスヤスヤと熟睡している女の子を運転手が見つけたという。女の子はバスを間違えたものの、1人で自宅に帰ろうとしたらしい。思わぬ場所での発見に、署員は安堵の表情とともにびっくり。
1998年05月14日掲載 (2017年08月04日投稿)
いい汗と脂汗をかいた!? 1223_medium ▼別府市内の公務員男性は、仕事が忙しかったので、しばらく愛する息子と遊んでやれなかった。先日、久しぶりの休日をゆっくりと過ごすことができた時の話。サッカーボールを持って息子と公園に出掛け、2人でサッカーを楽しんだ。ところが、走り回っているうちに足がもつれ“グキッ”と足首をひねってしまった。病院で診察したところ、ひどいねんざで、足首を石膏で固めなくてはならなくなってしまった。久しぶりの運動に、いい汗もかいたが、脂汗もかいたという。
1998年05月13日掲載 (2017年08月03日投稿)

本日のミニ事件簿はこちら。夕刊社会面に掲載した記事をそのままアップ。今日も何やら珍事件のにおいが…。

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社