ワンダーランドトップページ

死んだ?!イノシシにドキッ 1671_medium ▼先日、午後10時ごろ、大野郡内の会社員が、車で442号線を野津原町に向かって走行中、突然、道路の右側から大きなイノシシが飛び出してきた。イノシシは車の右ドアにぶつかり、衝撃ではね飛び、歩道の上に倒れた。通報を受けた大分南署員が駆けつけ、関係者4、5人で、イノシシの様子を離れた所からうかがうと、倒れたまま動かない。そこでみんなが死んだと思って近づいたところ、いきなりイノシシが飛び起きた。突然のことにみんなが驚き一瞬たじろいだすきに、イノシシは山の中へ。「相手がイノシシだから車の傷は仕方ないけど、てっきり死んだと思っていたイノシシが飛び起きた時には本当に驚いた」と署員。
2000年04月25日掲載 (2019年05月21日投稿)
山火事?いえ山の手入れ 1670_medium ▼先日午前10時ごろ、大分市中央消防署に「大分市机張原の原野で火事」と男性から119番通報があった。男性は大分自動車道を走行中、ふと景色に目をやると何もない原野から出火しているのを見たらしい。現場付近に出動した署員は、何かが破裂する音が聞き、辺りを捜索。中年男性が、枯れた竹を集めて燃やしているのを見つけた。署員が男性に話を聴くと、年に何度かこうして山の手入れに来ているという。念のため署員は男性に「危ないから消すよ」と、消火してから帰った。
2000年04月24日掲載 (2019年05月20日投稿)
誤作動でよかったよかった 1669_medium ▼ ▼先日午後9時6分ごろ、大分市都町にある5階建て飲食店ビル内の店から「火災報知機が作動している」と119番通報があった。大分市消防局は通報のあったビルへ消防車、はしご車、救急車など計8台を出動。周辺は一時騒然となった。署員は火災報知機が2階で作動中と分かり、2階の飲食店へ急行。ところが2階に火の気は無い。署員が店員らに事情を聴き、現場を調べると、調理場の熱で火災報知機が誤作動したと分かった。「建物が密集している地区では、火災は大惨事になる危険がある。何事もなくて本当に良かった」と署員は一安心。
2000年04月22日掲載 (2019年05月17日投稿)
すき間をゆく無人バイク 1668_medium ▼先日夜、別府市内の国道10号交差点で乗用車がオートバイに追突、運転していた男性2人が軽いけがをする事故があった。オートバイの男性ははずみで路上に残されたが、車体は倒れず、道路左側の歩道を突っ切って書店の駐車場へ。約60㌢の間隔で止めていた乗用車の間をハンドルでボディーをこすりながらすり抜け、その先に止めてあった乗用車にぶつかって止まった。衝突地点から走った距離は約25㍍という。「無人のオートバイが車のわずかなすき間を通り抜けたんだよ」と事故処理をした別府署員も驚いていた。
2000年04月21日掲載 (2019年05月16日投稿)
「火遊びダメ」ちゃんと教えて 1667_medium ▼先日午前10時ごろ、大分市小池原の市営住宅の男性(45)から大分市東消防署に「うちのベランダが燃えている」と通報があった。燃えていたのは、次のごみの日に出す燃えるごみの袋。男性は洗面器で水をかけ、消防車が到着する前に消し止めた。どうやら子どもの火遊びが原因らしい。幸いけが人も建物の被害もなかった。「子どもに火災の危険性をきちんと教えてあげてください」と署員。
2000年04月20日掲載 (2019年05月15日投稿)
外出の際は火に十分注意! 1666_medium ▼先日の午前1時半ごろ、大分市大道町のマンション(鉄筋7階建て)住民から大分中央署に、「火災報知機が鳴り、3階の女性の部屋の換気口から煙が出ている」と110番通報。大分市中央消防署員が駆け付けたところ、女性は不在で、かぎが掛かっていたため、隣室のベランダから部屋の中へ。部屋には煙が充満していたが、台所天井の一部が焦げただけで消えていた。調べでは、女性は、午前0時50分ごろから、古いてんぷら油と凝固剤をなべに入れ、電気コンロで加熱していたが、それを忘れ、午前1時ごろ友人の家へ出掛けたという。大分中央署員は「ボヤですんで良かったが、部屋を出るときは火の元に十分注意を」とカンカン。
2000年04月19日掲載 (2019年05月14日投稿)
変造硬貨発見?で得した気分 1665_medium ▼別府市内の会社員(26)は先日の朝、1000円札で自動販売機のホットコーヒーを1缶買ったところ、釣り銭の中に見慣れない硬貨が。普通の500円玉と違い、スノーボードを楽しむ人や、ライチョウなどが打刻されている。「ひょっとしたら県内で多発している変造硬貨ではあるまいか」と推理。さらにじっくり観察すると、「日本国」の文字や、オリンピックのシンボルマーク「五輪」も。結局、1997(平成9)年の長野オリンピック記念コインだと分かった。「記念硬貨も自動販売機で使用できるとは知らなかった」と会社員。ちょっと得した気持ちになったという。
2000年04月17日掲載 (2019年05月13日投稿)
何か気まずいことでも? 1664_medium ▼先日午後11時ごろ、大分市都町の飲食店ビルで、エレベーターの扉がめくれ、4階付近で引っ掛かり、煙を上げて動かなくなった。男性1人が閉じこめられたが、駆け付けた大分中央署員とエレベーターの管理業者が約20分後、扉をこじ開け、救出した。中から出てきた中年男性は「ありがとうございました」と礼をいうと、慌ててその場から立ち去った。救出されるまで中の様子は分からなかったが、男性にけがはなく、「とにかく無事で良かった」と署員。
2000年04月14日掲載 (2019年05月10日投稿)
練習したいのは分かるけど… 1663_medium ▼県警の警部(49)は大のゴルフ好き。スコアは130ぐらいで、警部の目標は100を切ること。その目標を目指して、打ちっぱなし練習場に通いつめ、一度に500~700発と、まわりの人もびっくりするぐらいの猛特訓を続けた。ところが、ある日、過酷な特訓がたたって、腰がズキッ。翌日、腰を押さえ、痛々しい姿で出勤してきた警部を見て、同僚は「あそこまでやると、もうゴルフの練習じゃないよ。ただ、体をいたぶってるだけ」と冷ややか。
2000年04月13日掲載 (2019年05月09日投稿)
常識外れの花見にカンカン 1662_medium ▼先日午前2時ごろ、「大分市の大分城址公園で騒いでいるグループがいて眠れない」と大分中央署に複数の通報があった。同署に近い公園に、署員が駆けつけると、10~20代の男女約30人がギターを演奏し、大声で歌うなどの大騒ぎ。「これでは近所の人はたまらん」と、すぐに解散させた。このグループは同市都町のジャングル公園で騒いでいたが、「花見の季節が終わりを迎える前に花見をしよう」とやってきた。「花見をするのはかまわないが、時間を考えてもらわないと」と署員はカンカン。
2000年04月12日掲載 (2019年05月08日投稿)

本日のミニ事件簿はこちら。夕刊社会面に掲載した記事をそのままアップ。今日も何やら珍事件のにおいが…。

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社