ワンダーランドトップページ

不審火?ミニバイク燃える 1758_medium ▼先日午後1時半ごろ、大分市東明野の県営住宅そばに止めていたミニバイクから出火。付近住民が気付き、大分市中央消防署に119番通報した。署員らが現場に駆けつけたが、火に気付いた住民らがバケツで消火に当たり、すでに鎮火していた。バイク付近の壁や街灯の一部も焦げたが、けが人はいなかった。大分中央署の調べでは、燃えたのは以前から放置されていた3台のミニバイクのうちの1台。持ち主が分からないため付近の住民も処置に困っていたという。付近に火の気がないことから、同署で不審火の可能性もあるとみて調べている。
2000年08月07日掲載 (2019年09月20日投稿)
3カ月も気づかぬとは… 1757_medium ▼県北のある警察署総務課の警部補(45)は、同署に来て3カ月になる。総務課の配属は初めての警部補は「署内の雰囲気が明るくなるように」と、同署1階ロビーにある3個の鉢植えを世話し、時には液体肥料を買ってくることもあった。ところが鉢植え二つは、葉っぱを虫に食べられるなどして、日々様子が変わるのに、残る鉢植え一つは、3カ月間全く様子が変わらない。不思議に思い、葉に触れた警部補は、その鉢植えが造花だと気付き思わず赤面。同僚の署員は「あれほど世話をしていて造花に気付かないなんて」とあきれ顔。
2000年08月08日掲載 (2019年09月19日投稿)
「ついうっかり」危ないよ 1756_medium ▼先日午後、別府市内の公務員男性(50)は市内のATM(現金自動預払機)で、生活費に充てる20万円を引き出し、封筒に入れた。ついでに、通信販売で購入した商品の代金をポケットマネーから送ろうと伝票に記入。整理券を取って窓口の順番を待つことにしたのだが、ソファに座って10分ほどたってお金を入れた封筒がないことに気付き、見回すと、伝票を書いた記帳台の上に封筒。すぐに確かめたところ、中身は無事で、「うっかりして人目につく場所に置き忘れたのに盗まれなくてよかった」と男性は胸をなで下ろしたという。
2000年08月05日掲載 (2019年09月18日投稿)
普段の行いが幸運を呼ぶ 1755_medium ▼先日午後、別府署の交番に「別府市内のパチンコ店の近くで現金約10万円入りの財布を落とした」と70代の男性がやって来た。署員は「かなりの金額なので、早く見つかるといいな」と届け出を受け付けた。それから15分たったころ、中年の男性が「財布が落ちていました」と交番に持参した。財布の特徴や現金の額などから、遺失物届を受理したばかりのものと分かり、財布は無事に持ち主に返された。「まじめな人に拾われてよかった。すぐに見つかったのは、普段の行いが良かったからだろうか」と署員。
2000年08月04日掲載 (2019年09月17日投稿)
ずうずうしいにも程がある 1754_medium ▼別府署は先日午後2時、別府市内のスーパーで衣類などの商品10点、約1万4千6百円相当を万引した疑いで、同市出身の男性容疑者(57)を捕らえた。同署によると、男性は職に就いておらず、野外で寝泊まりしており、盗んだ品物はポロシャツやTシャツ、シャンプー、せっけんといった生活用品ばかり。夏には欠かせない蚊取り線香を含めて次々に紙袋に入れていた男性を見つけた警備員が現行犯逮捕した。調べに対して男性は「着替えが欲しかった」などと供述したという。
2000年08月03日掲載 (2019年09月14日投稿)
小さな油断が大きな出費に 1753_medium ▼先日午後5時ごろ、大分市内の会社員男性(49)は夜勤で夕方から、ミニバイクで出勤。その日は遅刻寸前だったのだが、何とかセーフ。ところが、午前2時ごろ仕事を終えた男性が、家に帰ろうと駐輪場に行ってみると止めてあるはずのミニバイクがない。会社に着いたときに、あわててかぎを付けっぱなしにしていたため、どうやら盗まれたらしい。2日後、男性は仕方なく新しいミニバイクを購入したが、「それにしても大きな出費になってしまった。これからはどんなときでも、かぎをかけ忘れないよう気を付けます」と反省しきり。
2000年08月01日掲載 (2019年09月13日投稿)
涼しい沖縄が恋し~い! 1752_medium ▼九州沖縄サミットで、沖縄県に派遣され、警備にあたった別府署員(30)は約1カ月の勤務を終えて先日、同署に戻った。沖縄で日差しの強さに体力を消耗し、「早く涼しい大分に帰りたい」と思っていたが、帰ってみると別府の方が沖縄よりも暑いのにびっくり。別府は今夏、暑い日が続いており、特に、夜は湿気が多く、蒸し暑くて寝苦しい。沖縄ではしょっちゅう「暑い、暑い」とこぼしていたが、今では盛んに「沖縄は涼しくて過ごしやすかった」と言っているという。
2000年07月31日掲載 (2019年09月12日投稿)
あれほど注意したのに… 1751_medium ▼先日深夜、別府署に「別府市北浜の駐車場出入り口付近に乗用車が駐車していて邪魔になる」と連絡があった。署員が現場に行くと、乗用車には中年の男性が乗っていた。酒を飲んだ後らしく、「何をしているの」と尋ねると、「代行運転の車を呼ぼうと思っているところだ」。飲酒運転をしないように念を押して署員は立ち去った。しばらくしてその署員が飲酒運転の取り締まりで乗用車に停車を求めたところ、注意したばかりの男性がハンドルを握っていた。すぐに違反処理をして、今後、絶対にしないように諭した署員は「あれほど注意したのに聞き入れずに運転するとは」とあきれ顔。
2000年07月29日掲載 (2019年09月11日投稿)
侵入口ふさがれて退散? 1750_medium ▼先日午前9時半ごろ、別府市消防本部に、市内の女性から「自宅の玄関わきにヘビがいる」と通報があった。近くの同市消防署から署員3人がすぐに駆け付けたところ、「どこかへ行ってしまいました」とのこと。玄関の網戸越しにヘビが見えたので驚き、怖かったのでドアを閉め、署員を待っている間にヘビがどこかに行ったらしい。大きな青大将らしかったと言うので署員は庭や、倉庫を捜したが見当たらず、「また見掛けたら連絡してください」と言って帰署。「網戸があるのでヘビは屋内に入れないのにドアも閉めたのであきらめたのかな」と署員。
2000年07月28日掲載 (2019年09月10日投稿)
配達員の教育、なってませんゾ 1749_medium ▼先日午後11時ごろ、大分市都町で、大分中央署の署員数人がパトロールしていると、目前を酒屋の若い男性配達員がヘルメットをかぶらずに配達用のミニバイクに乗って横切った。署員はすぐに停止を求め、違反切符を切った。しばらくすると同じ場所に、また若い男性配達員が配達用のミニバイクで通りがかり、一時停止の標識を無視。同じミニバイクと制服に、署員は「またか」と思いミニバイクを停止させた。2人の若い男性は同一人物ではなく、同じ酒屋の配達員だった。「同じ店の配達員が、短時間に連続して署員の目前で交通違反するなんて。忙しくても、交通ルールはキチンと守りましょう」と署員。
2000年07月27日掲載 (2019年09月07日投稿)

本日のミニ事件簿はこちら。夕刊社会面に掲載した記事をそのままアップ。今日も何やら珍事件のにおいが…。

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社