ワンダーランドトップページ

材木ゴロリ 車にゴツン!

1434_medium ▼先日、別府署に「別府市御幸の国道500号で、車が材木にあたった」と男性から通報があった。署員が現場に駆け付け、事情を聴いたところ、荷台に型枠用の材木を積んだトラック(2・5㌧)が追い越し車線を走っていた。積み荷の材木が中央分離帯に植えてあるケヤキの街路樹にぶつかってごろりと落ちてしまったらしい。材木はトラックと並んで走っていた乗用車の運転席部分にぶつかったが、車に傷が付いた程度で幸いドライバーにけがはなかった。街路樹の高さは約4㍍あり、トラックの運転手は「当たるかなと思ったが、そのまま通ったところ、やっぱり当たってしまった…」と反省しきり。「通れるかどうか分からないときは無理をしないこと。並んで走っていたのが2輪車だったら大変なことだった」と署員。
1999年05月25日掲載 (2018年06月07日投稿)

本日のミニ事件簿はこちら。夕刊社会面に掲載した記事をそのままアップ。今日も何やら珍事件のにおいが…。

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社