ワンダーランドトップページ

“横着”したために…火災

1436_medium ▼先日、「近くの水道工事業者の倉庫で爆発音がした。火事のようだ」と119番通報があった。現場は大分市内の住宅密集地だったが、倉庫に保管しているパイプなどが焼けただけですんだ。同市南消防署の調べでは、火災の約10分前、従業員が倉庫内で、パイプを束ねるビニールテープを切ろうとしたが、カッターがなく、ライターで焼き切ったという。その火が近くの段ボールなどに引火したとみられる。爆発音は、工事用ガスボンベが燃えたためだった。「ビニール製品は火が残りやすいので要注意。カッターを使って」と同署。
1999年05月27日掲載 (2018年06月11日投稿)

本日のミニ事件簿はこちら。夕刊社会面に掲載した記事をそのままアップ。今日も何やら珍事件のにおいが…。

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社