ワンダーランドトップページ

暑い日は用水路で水浴び?

1450_medium ▼先日、別府署観光港交番に別府市石垣東の病院職員から「病院近くの溝にタヌキが落ちている」と通報があった。署員が現場に駆け付けたところ、高さ1・5㍍、幅1㍍の用水路に、野生のタヌキが落ちていた。自力でよじ登るには用水路の壁が高すぎて、タヌキも衰弱気味。人の手で引き上げようにも、タヌキが警戒し近づいてくれない。「どうしたものか」と困った署員は、別府速見地方振興局の林業水産課に連絡し、同課職員がタヌキを無事に救出、市内の動物病院で養生することになった。「最近は暑い日が続いている。タヌキは水浴びでもしようと、用水路に飛び込んだのかなぁ」と署員。
1999年06月15日掲載 (2018年06月29日投稿)

本日のミニ事件簿はこちら。夕刊社会面に掲載した記事をそのままアップ。今日も何やら珍事件のにおいが…。

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社