ワンダーランドトップページ

踏切でウトウト…迷惑“駐車”

1451_medium ▼先日午前9時ごろ、「JR日豊線の踏切に、乗用車がずっと止まっている」と大分中央署に110番通報があった。署員が大分市春日の現場に行くと、踏切の手前の道路の真ん中に乗用車が止まっている。「こんなところに駐車するとは、何を考えているんだ」と車に近づくと、社内で男性がぐっすり眠りこんでいた。署員が事情を聴いたところ、男性は「踏切が開くのを待っている間に寝てしまった」と説明した。「クラクションを鳴らした車もあったと思うのだが…。疲れていたのだろうが、そういう時は運転しないのが一番」と署員。
1999年06月16日掲載 (2018年07月02日投稿)

本日のミニ事件簿はこちら。夕刊社会面に掲載した記事をそのままアップ。今日も何やら珍事件のにおいが…。

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社