ワンダーランドトップページ

あまりの“熱演”に勘違い

1556_medium ▼先日、別府署に「別府市北浜のホテルで男性が“助けてくれ”と叫んでいる」と通りがかりの人から110番通報。署員が駆け付けると、消防車やはしご車が集まっており、現場のホテルの従業員に「どこから出火したのですか」と聴いたところ、「本当の火事じゃありませんよ」と返事。この日、同ホテルで防災訓練があり、逃げ遅れた客にふんした従業員が大声を出し、窓から助けを呼んでいたという。従業員の“熱演”に、声を聞きつけた通りがかりの人が勘違いしたらしい。訓練について、消防署との連絡が行き届いていなかったこともあるが、「熱演すぎるのも考え物だなぁ」と署員。
1999年11月09日掲載 (2018年11月28日投稿)

本日のミニ事件簿はこちら。夕刊社会面に掲載した記事をそのままアップ。今日も何やら珍事件のにおいが…。

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社