ワンダーランドトップページ

ごみを焼却…倉庫までも

1562_medium ▼先日、別府市消防本部に「付近の家から煙が上がっている」と別府市朝日ケ丘町の住民から通報があった。同町の主婦が家の庭でごみを燃やしていたところ、倉庫に置いていた段ボールに飛び火。主婦が家に備え付けていた消火器4本を使って、約10分後に消し止めたものの、倉庫の内壁などを焼いた。寒い季節になり、たき火など、火を扱う機会が多くなる。「火の用心。各家庭で消火器をそろえるなど、防火対策をしてほしい」と同本部では呼び掛けている。
1999年11月17日掲載 (2018年12月06日投稿)

本日のミニ事件簿はこちら。夕刊社会面に掲載した記事をそのままアップ。今日も何やら珍事件のにおいが…。

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社