ワンダーランドトップページ

ヒヤッ、高速道に家の落とし物

1587_medium ▼「えっ、高速道路に家?」-。先日、院内町広瀬の宇佐別府道路に、突如として“家”が現れた。県警高速道路交通警察隊によると、大分市内の男性が、中津市内の工事現場で使っていたプレハブ小屋(幅1・8㍍、奥行き1・5㍍、高さ2・4㍍の平屋建て)をトラックで搬送中、落としてしまった。強い横風にあおられたのが原因らしい。トラックについていたクレーンで約20分後に撤去したが、「後続の車を巻き込む重大事故になっていてもおかしくない。確実に固定を」と同隊からの厳しい注意。
1999年12月25日掲載 (2019年01月18日投稿)

本日のミニ事件簿はこちら。夕刊社会面に掲載した記事をそのままアップ。今日も何やら珍事件のにおいが…。

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社