ワンダーランドトップページ

「高速」合流直前でよかった…

1588_medium ▼先日、大分市光吉の大分自動車道光吉ICで「乗用車のボンネットから火が出た」と、運転していた男性から119番通報があった。同市中央消防署の消防車が放水、エンジン部分を焼いて消し止めた。出火したのは料金所を過ぎて加速し始めた直後で、「高速道路に合流する前でよかった」と同署員。運転中、ボンネットから燃え上がるケースはしばしばあり、同署は「後から取り付けた電気配線がある場合や、ガソリンのにおいが強い場合など、日ごろから注意してほしい」と呼び掛けている。
1999年12月28日掲載 (2019年01月21日投稿)

本日のミニ事件簿はこちら。夕刊社会面に掲載した記事をそのままアップ。今日も何やら珍事件のにおいが…。

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社