ワンダーランドトップページ

他人の車はオレの宿、おいおい

1589_medium ▼先日、大分中央署に「私の車の中に知らない人が寝ている」と大分市内の男性から通報があった。男性は同市城崎町の飲食店駐車場に車を止めて食事。帰宅しようと、車に戻ったところ、運転席に見たことのない男が酔っぱらって寝ていたという。かぎはかけていなかったので、署員が車のドアを開けて、「あなたの車じゃないでしょう。降りてください」と声をかけたが、男は「他人の車で寝て何が悪い」と開き直って抵抗。何とか引っ張り出したが、「あんなに酔っているのに、ちゃっかり、かぎの開いている車を見つけて乗り込むとは…」とあきれ顔の署員。
2000年01月04日掲載 (2019年01月22日投稿)

本日のミニ事件簿はこちら。夕刊社会面に掲載した記事をそのままアップ。今日も何やら珍事件のにおいが…。

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社