ワンダーランドトップページ

許せん!仮病で寸借詐欺

1598_medium ▼先日、中年の女性から三重署に「30歳代の男性が三重町内の道に倒れています。『フェリーで四国へ行きたいが、お金を持っていない』というので、貸してもいいでしょうか」と通報があった。署員が現場に行くと、男性は「熊本に行くんです。大丈夫、立てます」と言い、足を引きずりながら去っていった。その夜、当直勤務中のこの署員に再び、「千歳村内で男性が倒れている」との通報。現場に行くとまた同じ男性。やはり「お金を貸して」と頼まれたという。男性が今度は「大分市へ行く」というので、署員がJR犬飼駅まで送ったところ、男性は走って車内に消えた。「具合が悪いふりをして、金をせびろうとするとは…」と署員はカンカン。
2000年01月19日掲載 (2019年02月04日投稿)

本日のミニ事件簿はこちら。夕刊社会面に掲載した記事をそのままアップ。今日も何やら珍事件のにおいが…。

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社