ワンダーランドトップページ

線路で“酔いさまし”とは…

1599_medium ▼先日、大分市奥田のJR久大線の線路上に男性が座り込んでいるのを通りがかった女性が見つけた。女性は「危ないですよー」と大声で呼び掛けたが、男性はそのまま座り続けたため、女性が110番通報。「列車が来る」と、大分中央署員が避難させるために近づいたところ、男性から強い酒のにおい。抱きかかえるようにしてパトカーに乗せ、何とか自宅まで連れていった。踏切がすぐ近くにあるわけではなく、なぜ線路に入り込んだのか、と聴いても、男性の話は終始はっきりしないまま。「酔っぱらって座り込むまでは分かるが…。もっとましな“休憩所”があるだろうに」と署員。
2000年01月20日掲載 (2019年02月05日投稿)

本日のミニ事件簿はこちら。夕刊社会面に掲載した記事をそのままアップ。今日も何やら珍事件のにおいが…。

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社