ワンダーランドトップページ

ン?隣は隣でも「県」の隣

1656_medium ▼先日午後8時ごろ、別府署に初老の婦人が「行橋に行く道を教えてほしい」とやって来た。事情を聴くと、「行橋は大分の隣」と知人に教えられ、広島から電車を乗り継いで来たという。知人の言葉が「大分市の隣」という意味だったかどうかは定かではないが、ともかく別府で電車を降りたという。婦人は「どのくらい乗り過ごしたのですか?」。署員が言いにくそうに「おおよそ1時間」と答えるとびっくり。宿を予約していたので、婦人は行橋に引き返したが、署員は「それにしても気の毒でした」。
2000年04月05日掲載 (2019年04月26日投稿)

本日のミニ事件簿はこちら。夕刊社会面に掲載した記事をそのままアップ。今日も何やら珍事件のにおいが…。

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社