ワンダーランドトップページ

残念、劇はウマくいったのに

1659_medium ▼別府市の実相寺公民館で先日、交通安全教室があり、別府署員が交通安全の標語をせりふに取り入れた劇を披露した。馬にふんした署員が靴に張る反射材を参加者に配ろうとした途端、最前列にいた男児が泣き始めた。首まですっぽり覆うタイプの馬のマスクが本物そっくりだったので、怖かったらしい。このハプニングに署員はたじたじ。〝馬〟がいなくなると男児は泣きやんだが、再び登場すると「うえーん」。署員は「劇は好評だったのに」と残念そうだった。
2000年04月08日掲載 (2019年05月02日投稿)

本日のミニ事件簿はこちら。夕刊社会面に掲載した記事をそのままアップ。今日も何やら珍事件のにおいが…。

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社