ワンダーランドトップページ

竹やぶまで焼いちゃダメ

1683_medium ▼先日午後2時ごろ、「雄城台団地の竹やぶが燃えている」と大分南署に通報があった。竹やぶの近くの駐車場で、大分市内の30代の男性がテントの古い骨組みをバーナーで焼き切る作業中、その火花が竹やぶに飛び、枯れ葉に引火したのが原因。すぐに、男性が消火作業をしたため、燃え広がらずにすみ、辺りの枯れ葉を少し焼いただけで火は消えた。「これからこういう作業をするときは、周囲に十分注意して」と署員。
2000年05月10日掲載 (2019年06月07日投稿)

本日のミニ事件簿はこちら。夕刊社会面に掲載した記事をそのままアップ。今日も何やら珍事件のにおいが…。

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社