ワンダーランドトップページ

署へダッシュ、目的は「たばこ」

1693_medium ▼先日午後8時半ごろ、別府署に20歳ぐらいの男性2人が駆け込んできた。あまりにも急いだ感じだったので、「何事が起きたのか」と不審に思った署員が行動を見ていたところ、交通課窓口の向かいにあるたばこの自動販売機に直行。署員が「何か用事ですか」と尋ねると「たばこを買いに来ただけです。警察には全く用事はありません」と笑顔でたばこを持ち、軽やかな足取りで玄関から出て行った。「たばこを切らすとなぜか余計に吸いたくなるのは分かるが、どうして署内に自動販売機があることを知っていたのかな」と首をかしげた署員。「運転免許証の更新などで来て知っていたんだろう」と推理した。
2000年05月22日掲載 (2019年06月21日投稿)

本日のミニ事件簿はこちら。夕刊社会面に掲載した記事をそのままアップ。今日も何やら珍事件のにおいが…。

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社