ワンダーランドトップページ

酔って脱いで…面目ない

1706_medium ▼先日午前10時ごろ、大分中央署に「大分市千代町の歩道に背広とワイシャツが落ちている」と110番通報があった。通報を受けた署員が現場に駆け付け、付近を調べてみたが、手掛かりなし。「何があったんだろう」と話していたところ、そこに30代の男性が現れ「背広とワイシャツは私のものです」と申し出た。署員が事情を聴くと、男性は、大分市に出張できており、前夜、酒を飲んで宿泊先に歩いて帰る途中、酔っぱらって、服を脱ぎ捨ててしまったらしい。朝起きて、背広とワイシャツがないことに気付き、付近を捜していたという。「珍しい落とし物だったが、持ち主が見つかってよかった」と署員。
2000年06月06日掲載 (2019年07月10日投稿)

本日のミニ事件簿はこちら。夕刊社会面に掲載した記事をそのままアップ。今日も何やら珍事件のにおいが…。

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社