ワンダーランドトップページ

親切な心、わかってくれた?

1709_medium ▼先日午後6時ごろ、大分中央署に「大分市東浜の市道で、カラスが通行人を威嚇している」と110番通報があった。津留交番から署員が駆け付けると、カラスのひなが飛び立てずに、もがいていた。そばで1羽の親ガラスが子どもを守っていて、容易に近づけない。近所の人たちもほうきや網を持ち寄り、署員と協力して無事に子ガラスを保護した。署員はひなを返すために巣を捜索し、近くの街路樹に発見。興奮している親ガラスが寝静まるのを待って巣に戻そうと、子ガラスを交番に連れて帰り、翌朝午前5時ごろ、親元に返した。「これで親ガラスも安心だろう」と署員。
2000年06月09日掲載 (2019年07月13日投稿)

本日のミニ事件簿はこちら。夕刊社会面に掲載した記事をそのままアップ。今日も何やら珍事件のにおいが…。

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社