ワンダーランドトップページ

「ビル火災!」…実は誤作動

1725_medium ▼先日午後11時ごろ、大分市末広町2丁目の雑居ビル(4階建て)で火災報知器が鳴り、大分市中央消防署から消防車や救急車など5台が出動した。現場では、警報機の音と消防車のサイレンを聞いて集まった近くの住民や通行人がビルに入った署員たちを見守った。結局、火の気はなく、エレベーター内に設置している火災報知器の誤作動と分かった。「警報機の音を聞きビルの前まで行ったら、続々と消防車が到着し、何事かと思った」と近所の人も一安心。
2000年06月28日掲載 (2019年08月06日投稿)

本日のミニ事件簿はこちら。夕刊社会面に掲載した記事をそのままアップ。今日も何やら珍事件のにおいが…。

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社