ワンダーランドトップページ

走行中にタイヤがグラグラ

1767_medium ▼▼先日午後11時ごろ、大分市中春日町の国道10号下り線で車線内に停車中の乗用車を、パトロール中の大分中央署の署員が発見。通行の妨げになり「事故が起きたら大変」と、車を移動させるため近くに寄ってみると、乗用車は後輪のタイヤ1本が抜け落ち、大分市内の20代男性が懸命に修理していた。男性によると、車の後方がぐらぐらして、気付いたらこの状態だったらしい。ホイールを止めるねじ部分が曲がっていたが、苦労してスペアタイヤを装着し、ゆっくりと帰宅した。「故障や事故になってからでは遅い。面倒でも、運転前の点検はキチンとしてほしい」と同署員。
2000年08月18日掲載 (2019年10月03日投稿)

本日のミニ事件簿はこちら。夕刊社会面に掲載した記事をそのままアップ。今日も何やら珍事件のにおいが…。

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社