ワンダーランドトップページ

〝素直な女性〟に署員もドキッ

1769_medium ▼先日朝、湯布院町内の保養所で、軽乗用車のドアがこじ開けられ、現金350円が盗まれた。大分南署湯布院幹部交番の署員が駆け付けると、現場付近に特徴ある足跡。犯人のものかどうかを確認するため、宿泊者の履物を調べることにした。「足を見せてください」とのお願いに、宿泊者たちは順番に、靴の裏を交番員に見せていった。ところが、その中にいた若い女性はおもむろに履物を脱ぐと、本物の足の裏を交番員の顔の前に「ハイ」。若い女性の素足を目前にした交番員は「言い方が悪かった。その足じゃないんです。履物の裏を見たかったんです」と戸惑ったという。
2000年08月21日掲載 (2019年10月05日投稿)

本日のミニ事件簿はこちら。夕刊社会面に掲載した記事をそのままアップ。今日も何やら珍事件のにおいが…。

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社