ワンダーランドトップページ

飲酒運転で署に来るなんて 1465_medium ▼先日深夜、大分南署に「国道210号で、事故を起こした」と届け出があった。軽乗用車と乗用車の接触事故で、軽乗用車の大分市内の男性会社員が車を運転して同署に来た。事情聴取を始めたところ、男性から酒のにおいがするのに、署員が気づいた。「おや、飲んでますね」「はい、すし屋でちょっと飲みました」と男性。飲酒検知の結果、呼気1㍑中から0・25㍉㌘以上のアルコールを検出。「ちょっとどころじゃない」と酒気帯び運転で検挙した。署員は「事故の届け出に来たのはよかったが、飲酒運転で警察署に来るなんて」とあきれ顔。
1999年07月05日掲載 (2018年07月20日投稿)
タイヤの空気、欲ばりすぎた? 1464_medium ▼先日、別府市浜町のアパートに住む中年女性から別府署に「物音がしたので外に出てみたら、自転車のタイヤが切られていた」と通報があった。「非常に悪質ないたずらだ」と署員が現場に急行。調べたところ、切られていたのは前輪のタイヤ。しかし、さらによく調べてみると、外側のゴムの部分には刃物による傷が見当たらず、内側のゴムチューブだけが裂けている。念のため後輪のタイヤをチェックしたところ、空気がパンパンに入っている。「空気の入れすぎで、タイヤが破裂したのでしょう。安心してお休みください」と署員。空気を入れるときは気を付けて。
1999年07月02日掲載 (2018年07月19日投稿)

本日のミニ事件簿はこちら。夕刊社会面に掲載した記事をそのままアップ。今日も何やら珍事件のにおいが…。

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社