ワンダーランドトップページ

あわや、木もろとも“駆除” 1424_medium ▼ 先日、大分市内の住宅地で火事が発生。住人が「庭の雑木が燃えた」と119番通報した。木が焦げた程度ですんだが、大分南署の調べでは、現場は新興住宅地の中の一戸建て。住人は、庭の木にべっとり張り付いたナメクジを発見。いぶして駆除しようと、新聞紙に火をつけた。ところが、予想外に火が大きくなり、たちまち庭木に燃え移ってしまったという。あわや、木もろとも“駆除”してしまうところで、「“害虫”退治は安全な方法で」と同署。ナメクジにはやっぱり、塩が一番?
1999年05月11日掲載 (2018年05月24日投稿)
何か埋めた!?いえ砂遊びです 1423_medium ▼先日、大分市内のマンションの住人から「近くの公園の砂場で、穴を掘っている人がいる。何か埋めているのでは」と110番通報があった。大分中央署は「事件だったら…」と、署員数人が現場に急行。住宅地にあるその公園では、若い男性2人と女性1人がスコップで懸命に穴掘り作業中。穴はくの字形で、深さ約1㍍。長いところでは、約2㍍の長さがあり、人間1人を横たえるのに十分だった。署員が「何をしている」と聞くと、3人は「すいません、砂遊びです。公園で遊んでいたけど、退屈で…」。そういえば、穴にはトンネルもついている。署員は3人を注意したが、「よくもまあ、あれだけ大きな穴を掘ったものだ」とあきれ顔。
1999年05月10日掲載 (2018年05月23日投稿)
出たぁ!真っ白いのっぺらぼう 1422_medium ▼県警のある署員は先日深夜、別府市内の路上で飲酒検問中、軽乗用車を停止させた。運転していたのは髪の長い女性。しかし、うつむいたままで顔を見せない。「怪しい」と署員。「こっちを向いてください。お酒を飲んでいませんか」と声をかけた。懐中電灯を向けると、女性がパッと振り向いた。その顔を見て「ひょえ~」。女性の顔は真っ白でのっぺらぼう。よく見れば、女性は車の中で“美白パック”中で、恥ずかしそうに「びっくりさせるつもりはなかった」。紫外線が気になるシーズン。何かと気を使うらしい。
1999年05月08日掲載 (2018年05月22日投稿)

本日のミニ事件簿はこちら。夕刊社会面に掲載した記事をそのままアップ。今日も何やら珍事件のにおいが…。

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社