ワンダーランドトップページ

命は繋がっている

Gray ▼妻の体験談から。小学校の運動場の側溝で児童がヤゴを見つけてきた。水槽に入れて教室で飼育することになった。イトミミズなどの餌を与えたり、サナギになるときの棒を用意したり子供たちで世話をした。朝、学校にやってくるとヤゴが棒を伝って上がってきてサナギになっていた。いつ羽化するかみんなで待っていると、背中が割れて羽化が始まった。時間がかかったが、いよいよ羽が伸びてしっかりした形になった。夕方、飛ばそうと教室のベランダに出て、1、2、3で飛ばしてみんなで拍手した。その瞬間、鳥が飛んできてパクッ。トンボは食べられてしまった。歓声は悲鳴に変わったが、鳥の命に繋がったのだと慰めあった。

【投稿者】大分県 真実一路
このミニ事件は星いくつ? 
  3
2018年08月10日公開
このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんの身の回りで起きているミニ事件簿を大募集。驚いた話や失敗談…などネタは何でもOK。グランプリ作品は紙面に掲載!

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社