ワンダーランドトップページ

クリスマスのブーツの秘密

Gray ▼クリスマスが近づくと思い出す私と6歳離れた妹のクリスマスプレゼント。妹は、お菓子の入ったクリスマスのブーツを2つ揃えて履くことが夢だった。しかし、なぜか次の年になると大きなクリスマスのブーツはどこかに行き、毎年クリスマスのブーツをサンタさんにお願いしていた。妹が3年生になった時、母から『このお菓子をブーツに入れてて』と言われたという。なんと母は、毎年ブーツにお菓子を入れ替えてプレゼントしていたのだ!そういえば、ブーツはかなりくたびれてたとか。いつまでたっても一足にならないクリスマスのブーツの秘密を知り、夢砕かれた妹だった。

【投稿者】大分県 まろん
このミニ事件は星いくつ? 
  1
2018年12月18日公開
このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんの身の回りで起きているミニ事件簿を大募集。驚いた話や失敗談…などネタは何でもOK。グランプリ作品は紙面に掲載!

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社