ワンダーランドトップページ

育てたように、子は育つ

Gray ▼ある晩、就寝前に階段で足をぶつけたのは3歳前の末っ子。寝室でメソメソ泣いていたので、私は慰めてあげようと絆創膏を持って末っ子の元へ。私が寝室へ入った時にはすでにきょうだい全員で寝入っていたが、一応末っ子のスネ辺りに絆創膏をペタリ。それにしてもこのきょうだいはよく階段の悲劇に見舞われる。きょうだい5人皆そそっかしい所がソックリで思わず笑ってしまった。しかし翌朝、大変な事実が発覚。足が痛いと訴える末っ子のスネには絆創膏は無く、代わりに6歳の姉のふくらはぎに絆創膏が…。薄暗い寝室で、私は貼る足を間違えたらしい。ついでに患部も違う。あぁ、全てのルーツは私か…と妙に納得してしまった一件なのだった(笑)

【投稿者】大分県 あすか
このミニ事件は星いくつ? 
  8
2019年05月08日公開
このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんの身の回りで起きているミニ事件簿を大募集。驚いた話や失敗談…などネタは何でもOK。グランプリ作品は紙面に掲載!

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社