ワンダーランドトップページ

君の名は

Gray ▼ある休日の午前中に、赤い郵便局の車が自宅にやってきた。私は、何か郵便が来たのだろう、と思い、玄関の外に待っていると、配達員の方が、我が家の表札を何度も見ていた。私は、郵便物の宛名がこの家の住人であるかを確認しているのだろうと思い、その配達員の方に「誰ですか?」と話しかけたところ、「郵便局です」と即答。私も思わず「そうですよね」と苦い笑いしながら、郵便物の宛名を確認して受取をしたが、担当者の方も終始不思議そうな表情のままだった。きっと、赤い車で郵便局制服を着ているのに、なぜ「誰ですか」と質問をされたんだろうと疑問に思っていたと思う。改めて日本語の難しさと奥深さを実感した。

【投稿者】大分県 もとちん
このミニ事件は星いくつ? 
  4
2019年07月02日公開
このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんの身の回りで起きているミニ事件簿を大募集。驚いた話や失敗談…などネタは何でもOK。グランプリ作品は紙面に掲載!

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社