ワンダーランドトップページ

分身はいずこへ Gray ▼ある日突然ノートパソコンの充電ができなくなり、コンセントにつながないと使えなくなりました。長年使ってるし、いよいよこわれる寸前か?大切な写真のデータなどが入っているので、こわれる前に何とかしなくてはと販売店にノートパソコンを持ち込みました。店員さんがバッテリー交換時期かもとパソコンの裏を指さし、「ここにバッテリーがあるはずなのですが。」「えっ?外したおぼえはありません。買ったときからないような気がします。」店員さんは、そんなはずは・・・・と絶句。スゴスゴ帰ってあちこち探すと薄いバッテリーらしきものがソファーの隅にはまり込んでいるのを発見。私がソファーの隅の穴に入りたい。

【投稿者】大分県 部品が抜けてるおばさん
このミニ事件は星いくつ? 
  8
2017年10月19日公開
3億円事件 Gray ▼先日、夜11時頃、会社の歓迎会に参加して帰宅途中。車通りも少ない夜の商店街。飲酒検問で止められた。警察官は2人いて、1人に免許証の番号照会。もう1人は家族構成、職場、家はどの辺か?など聞かれた。五分ほどで番号照会も終わり解放された。帰宅後、歓迎会の帰りと言ったのに飲酒検査されなかった。なのに個人情報は色々聞かれた。免許証には住所も…ここで、3億円事件がよぎり、警察官を装って個人情報を聞き出された?と不安に。日出警察署に確認の電話すると、婦警さんに質問攻めで、更に不安に…そんな時、別の警察官が「検問はうちでやってるよ」の一言で一転婦警さんと照れ笑いで電話を終えた。

【投稿者】大分県 あずき
このミニ事件は星いくつ? 
  11
2017年10月16日公開
ピカチューの光る靴 1772_medium ▼出張先で、たまたまピカチューの靴を発見した。しかも履いて歩くと、かかとがピカッと光る。ピカチューが大好きな孫の顔が浮かんだ。その場で嫁に連絡して足のサイズを確認した。サプライズプレゼントにしようと早速購入、誕生日に渡そうと誰の目にも触れない場所にしまい込んだ。孫の喜ぶ顔を想像し、ワクワクしながらその日を待ちわびた。誕生日当日を迎え、家族が夕食を囲んだ場でピカチューの光る靴を披露した。得意満面で説明するのも終わらないうちに孫は靴を履こうとしたが、足が大きくなっていて入らない。「何だって!」孫は泣き出すし、家族の失笑を買ってとんだバースディーになった。光る靴は今でも靴箱の上に飾られている。

【投稿者】大分県 あげえあんに
このミニ事件は星いくつ? 
  3
2017年10月16日公開
知らぬが仏 1771_medium ▼最近4歳の娘はお姉さんぶっている。娘は5人きょうだいの4番目。早く1年生になりたい!が口癖で、必死に1歳の妹(5番目)のお世話を焼くお姉さんっぷり。もはや赤ちゃん扱いは厳禁なのだ。そんなある日地元の御祭りで子供御輿にでる上の子3人にハッピが届いたのだが、これは小学生以上にしか配られない。4歳の娘の分はなく予想通り娘は大泣き。仕方がない、私はタンスの奥から禁断のハッピを取り出して娘に手渡す事に。袖を通して大喜びする娘だったが、ハッピに書かれた文字は読み上げないようにと上の子達に耳打ちする私。ドーンと書かれた文字は「赤ちゃん泣き相撲大会」…意味を知ったら激怒だろうが一件落着とした我が家なのだった

【投稿者】大分県 あすか
このミニ事件は星いくつ? 
  10
2017年10月13日公開
謝罪 Gray ▼ある休日の午後、海の近くのレストランに行った。評判のレストランなので、席は満席の状況。私らも自慢の海鮮汁を注文した。そして運ばれてきた美味しそうな料理にテンションが上がった。食べ始めると、息子が急に「カメがいる、カメがいる」と騒ぎだした。私は海に近いので、もしかしたら砂浜にカメが上陸しているのかと思い、店の外を見ていると、なぜか店内に静かになり、息子の声が響いた。「カメがいるんだ」と言いながら、外を見る人もいた。口の中に入っていた食べ物がなくなった息子の次の言葉は、汁を見ながら「ワカメがいる」との声。カメとワカメ、確かに似ているなぁと思いながら、気がつけば夫婦2人で頭を下げて謝罪をしていた。

【投稿者】大分県 もとちん
このミニ事件は星いくつ? 
  1
2017年10月12日公開
本モノには少々及ばず Gray ▼夕食のあと、妻と娘夫婦がウィスキーを飲みながらおしゃべりを始めた。少し酔いが回ったところで、妻が色っぽい流し目(と本人は思っている)で娘ムコにウィスキーのお替りを作った。それを見た娘ムコは「オオ、おかーさん、井川<超>遥」。

【投稿者】大分県 ま、いっか
このミニ事件は星いくつ? 
  3
2017年10月11日公開
頭痛 1767_medium ▼湧蓋山に登った時のこと。車を運転しながら登山口まで行く道中で、何か今朝は頭が重いなと思いながら運転した。登山口で仲間と合流、いよいよ登山開始だ。湧蓋山はなだらかな山で登りやすい山だが、頭は依然としてすっきりしない。天気がどんよりしているせいかな?と思いながらも山登りを楽しんだ。いよいよ山頂へ向けて少し傾斜が出てきたところで、ぽつりぽつりと雨が降り出した。「雨が降り出したな」と空を見上げると、雨粒が直接目にあたった。え!?と思ってメガネをはずしてみると左目のレンズがなかった。朝からの頭痛の原因はこれだった。記憶を辿りながら帰って車庫のなかを探したら少し擦り傷の入ったレンズが見つかった。

【投稿者】大分県 真実一路
このミニ事件は星いくつ? 
  5
2017年10月10日公開
マスターキーで警告音 Gray ▼ 私が早朝から旅行に出かけた時のこと。あわてた様子の妻から電話。「私の車のカギ、持ってない?」ズボンのポケットを探ると確かに妻の車のカギ。「マスターキーがあるやろ。」妻はそれを使って車には乗ることはできた。始動させようとすると突然大きな警告音。途方に暮れた妻は、ディーラーに電話してやっと解決。私は旅行から帰宅して、お詫びのお土産を恐る恐る差し出した。しかし、妻の怒りは中々収まらなかった。

【投稿者】大分県 あきらです
このミニ事件は星いくつ? 
  0
2017年10月09日公開
最中みたいな味噌汁にビックリ仰天! Gray ▼先日の敬老の日、県外で暮らす孫が祖父母へお祝いを送ってきた。孫からの贈り物という事でワクワクしながら包みを開けたらしい。すると中身は最中の詰合せで、早速頂いてみようとばあちゃん、1ケ取り出し一口食べた所、何と甘い筈の最中が固くて塩っぽかったらしい。これはおかしいなあ?と包装紙をよく見ると、美噌汁最中「まろやか」と書かれていたらしく、お椀に入れてお湯を注いだ所、最中は溶けて味噌汁になったとの事。これを見てばあちゃん、「へえーハイカラな物があるもんじゃ」と思わず吹出したらしい。これを聞いた私が、代わりに息子へお礼の電話をしてこの話をすると、「やっぱりー・・・」と電話の向こうで笑っていた。

【投稿者】大分県 最中人
このミニ事件は星いくつ? 
  2
2017年10月02日公開
愕然ときた中身 1752_medium ▼40年前の事件です。当時、某ロボット漫画が大流行していました。次々にオリジナル商品が発売される中、満を持して出てきた商品が、ジャンボ○○と名付けられた50cmはあるであろう巨大なロボット人形でした。高額だっため子供には買えず、友達が親に買って貰ったのを遠巻きに見るのがやっとでした。そんな時、近くの玩具屋さんで、そのロボット人形の小さめの商品の箱を発見。これなら買える!箱の大きさは20cmくらいだったでしょうか。50cmの人形にはとても及びませんが、これで十分!嬉しくて笑いながら家に帰りました。さあ遊ぼう!箱を開けた瞬間、愕然ときました。中身は50cmの人形の取替用の腕の部分でした。泣きました

【投稿者】大分県 カルガリーハリケーンズ
このミニ事件は星いくつ? 
  9
2017年09月13日公開

みなさんの身の回りで起きているミニ事件簿を大募集。驚いた話や失敗談…などネタは何でもOK。グランプリ作品は紙面に掲載!

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社