ワンダーランドトップページ

二人で一人前? Gray ▼生まれて初めてコインランドリーを利用した時のこと。「俺は、若い頃使ったことがある。」と言う主人にもついてきてもらった。早速コインを入れたが、コインが戻ってくる。何度かやってみたが同じ。「あれ、お金が入らん!」「そこは、おつりが出てくるところ。そんなこともわからんの?」と主人。「ここに入れるんじゃ!」と自信たっぷりにコインを入れた。「えーっ、動かんよ。」「わーっ、上が回りだした!」我が家の洗濯物は、下に入っている。なんで?なんと主人もコインを入れる場所を間違えたのだ。洗濯物が無事回りだした時には、二人ともほっとした。「私たち、二人でやっと一人前じゃなあ・・・。」なんだかおかしくなった。

【投稿者】大分県 れんげ草
このミニ事件は星いくつ? 
  1
2019年09月13日公開
人間ドッグ受付中 Gray ▼災害の多い季節になりました。今は各自治体もいち早く非難を呼びかけ施設を開放しています。数年前の災害の時、緊迫した中、各所にもうけられた避難所よりの中継がテレビから流れていました。被害の様子を伝えるアナウンサーの後ろの窓に“人間ドック受付中”との張り紙がありました。思わずこの避難所はなんてやさしい所なんだろう。人間と犬と一緒にいられるんだと、わが家にいる犬や猫を思い、こんな所がいっぱいあったらなーと思いきや最後にアナウンサーは「〇〇健診センター前より中継しました」と終えました。本気で人間ドッグキャツ受付中を希望します。

【投稿者】大分県 
このミニ事件は星いくつ? 
  2
2019年09月11日公開
猪が仕事ぶりを監視 Gray ▼妻の生まれ在所は草深い田舎なので、住む人より多いと思われる、猪やアナグマや狸などいつも出没しています。先日、裏山への上り口付近の雑草を鎌で刈り払う作業を、汗にまみれてやっていました。その最中、「くしゅん」と、幼児のくしゃみのような音声がしました。でもこんな所に幼児が来るはずもありません。ふと声のした方を振り向くと、よく肥えた小犬のような動物が、私と目線が合ってもじっと見つめていました。まだ白い線が少し残っている「うり坊」。こわいもの知らずでしょう。まるで私の仕事ぶりを監視するように感じられました。でも親猪もどこかできっと私を見ていると思うと、恐怖で心が募り、そそくさとその場を離れました。

【投稿者】大分県 やっとこさあ
このミニ事件は星いくつ? 
  0
2019年09月06日公開
三苫違い Gray ▼以前孫の世話を頼まれお手伝いに福岡の子供の所へ。1週間が過ぎ、帰ることに。タクシーへ電話、いつもの通り三苫ですけど駅までお願いしますと、福岡の道順はまったくわからない自分。「着きましたよ」と言われた所は下りた所とは違う。「ここではないんです」「ここは三苫駅ですよ」と。「私は三苫ですけど」「え、おたくがですか」とびっくり。たまたま受けた方の運転手だったので覚えていて、すぐ三苫の駅へ直行してくれたとのこと。やさしい方で回り道して別の駅へ走ってくれました。私も三苫駅があるなんて知りませんでした。途中車内では2人の言い訳話で盛り上がり大笑い。遠回りの分はよいですよと割引までしていただきました。

【投稿者】大分県 バータン
このミニ事件は星いくつ? 
  1
2019年09月04日公開
キーの行方 Gray ▼朝の出勤時、土砂降りの雨。久しぶりにレインコートを着て出社した。車のキーは掛けた。退社時間「お先します」と言ったものの車のキーが見あたらない。いつものバッグは車の中。机の引き出し、ゴミ箱、駐車場等々。上司も探してくれたが見つからない。とりあえず夫にスペアキーを届けてもらい、一旦家に帰る。が、どうしても落ち着かず再び会社へ。今度は傘をおいたとこのゴミ箱をあさるもなし。ふとレインコートをかけたハンガーを見ると、な、なんと!キーが引っ掛かっている。帰る時、レインコートはハンガーからはずしてしっかり着て帰ったのに…。全く気が付かなかった私。年のせいと納得しながらも、とにかく可笑しくて。一件落着。

【投稿者】大分県 弁慶草
このミニ事件は星いくつ? 
  0
2019年09月04日公開
危機一髪 Gray ▼井上陽水の「少年時代」を聞くと十歳頃の夏休みの苦い出来事を思い出す。その日はクマゼミが喧しく鳴く暑い日で、幼なじみと涼しい小川に釣りに行く途中の出来事だった。途中の林の中で前から一匹のスズメバチが飛んできて私の頭に止まりウロウロしだした。大人の親指ほどの大蜂だ。頭のてっぺんから首筋へ、それから両耳の穴に入ったり出たり。その頃私は中耳炎で耳垂れが出ていたので、それが好物のクヌギの樹液と似ているのか、なかなか飛び立ってくれない。刺されないようにただジッと突っ立っているだけ。その間、何十秒だったか恐ろしく長く感じて小便をちびりそうだった。やっと飛び立ってくれたとたんにへたり込んだことを思い出す。

【投稿者】大分県 夕焼け小焼け
このミニ事件は星いくつ? 
  15
2019年09月03日公開
少し苦いジュース Gray ▼家族で遊園地に行った。入場券を持っていたので、大きな出費もなく、楽しそうに遊ぶ姿を見ながら、私も笑顔になっていた。帰りに妻が「せっかく別府に来たのだから、最近出来たホテルに行きたい」と言い出したので、行ってみた。ロビーは非常に雰囲気があり「素敵だなあ」と思っていると、息子はすでにホテル内に入り、ラウンジに座っていた。そこで息子が「ジュースが飲みたい」「お腹が空いた」と騒ぐので、スタッフの方がメニューを持ってもってきたので、好きな物を注文していた。私は「休みの日はお金はかかるんだ」と思っていると、息子から「美味しいよ。飲んだら?」とジュースを渡された。そのジュースはいつもより少し苦かった。

【投稿者】大分県 もとちん
このミニ事件は星いくつ? 
  4
2019年09月02日公開
楽しみの後の Gray ▼盆休みに初めて青森旅行に行った。津軽三味線の生演奏が聞けて、土地の名物料理も食べられる店に行き、大満足でホテルの帰途につく。ふかふかのベッドで一眠り、風呂に入ろうと思い、メガネを外すと無い。どこどこにやった?ど近眼の私、眼鏡がなきゃこれからの旅、半ボケ状態。ベッド周り、テーブルの上、終いには冷蔵庫の中まで探す。無い、諦めて明日もう一度探そうと思い、寝ると隣の旦那が貴方の眼鏡個々にあったよとベッドの足元から。良かった、無事見つかって。よく背中で踏み潰さなかったもんだ。酔っててベッドを移動したのね。有難う、旦那さん。翌日もクリアな視界でねぶたの家、田圃アート、八甲田山を楽しみました。

【投稿者】大分県 プーさん
このミニ事件は星いくつ? 
  1
2019年09月02日公開
優秀(?)な番犬 Gray ▼15年程前、我が家では犬を一匹飼っていた。元気いっぱいだが温厚で人懐っこく、近所の人達にも可愛がられていた。そんな温厚な彼が、唯一うなり声を上げて吠えまくる時があった。新聞代の集金に来られた時だ。来ただけでは吠えない。毎日の配達の時も全く吠えない。お金を持って玄関を出た時「だけ」、何故か怒って激しく吠えるのだ。ある意味利口なのかもしれないが、飼い主としてはとても申し訳なく、いつも恥ずかしかった。すいません!

【投稿者】大分県 てんまる
このミニ事件は星いくつ? 
  11
2019年08月23日公開
シュールな子 2212_medium ▼家に帰ると4歳の孫のユズ君が「ジイジ、大変だよ。ナッちゃん(トイプードル)が絨毯の上に、大きなフンを2個もしてるよ」と言った。私はわざと「エーッ!ユズ君が絨毯の上にウンチを2個もしたの?」と答えたところ、一瞬の後「違うよ、僕が1個で、ナッちゃんが1個だよ」と言った。予想もしない切り返しに私は絶句。妻が「アナタの負けね」。

【投稿者】大分県 ま、いっか
このミニ事件は星いくつ? 
  8
2019年08月12日公開

みなさんの身の回りで起きているミニ事件簿を大募集。驚いた話や失敗談…などネタは何でもOK。グランプリ作品は紙面に掲載!

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社