ワンダーランドトップページ

先入観 Gray ▼ 先日、臼杵竹宵に出かけた時のこと。お目当ては、東儀秀樹さんのコンサート。晴天ではあったものの夕暮れ迫り寒くなる中、最前列で2時間ほど頑張って待ち、聞かせていただきました。それはそれは素晴らしいコンサート。途中の思いがけないトラブルにも東儀さんは神対応で大感激しました。興奮して娘に電話したところ何を勘違いしたのか最後に「西城秀樹」のコンサートはそんなによかったんと言われ言葉が出ませんでした。

【投稿者】大分県 どう見てもポピュラーなおじさん
このミニ事件は星いくつ? 
  1
2017年12月16日公開
すまんかった Gray ▼会社の同僚から聞いた話。孫を保育園に連れて行くことになった祖父が、車に孫を乗せ、安全運転でソロソロと出かけた。しばらく走っていると、なんだか周囲の様子がおかしい。道を歩いている人が、みんなこっちを見て目を丸くしている。こっちを指さして、なにか言っている人もいる。何だろうと不思議に思いながら、保育園に到着。すると今度は、子供たちがワッと寄ってきた。驚いて車から降りると、車の屋根の上で、我が家の飼い猫がブルブル震えながら泣いていた。

【投稿者】大分県 はしもっちゃん
このミニ事件は星いくつ? 
  2
2017年12月16日公開
死んでないよ 1828_medium ▼以前は頻繁にミニ事件簿ワンダーランドに投稿していた私だが、この一年は投稿を控えていた。理由は特にない。そしたら昨日のこと。スーパーで知り合いとばったり会った。彼女は泣きそうな顔をして「Kちゃん、大丈夫なの?退院したの?大変だったねぇ」と言う。私は何のことか分からずにポカンとして聞き返した。「エッ、私は入院していたの?」話を詳しく聞いてみると、私は不治の病にかかっていて大好きなミニ事件簿も書けなくなっているらしい。なんてこった!!私は自分が知らないうちに死んでいたかもしれないよ。知り合いの皆さま、投稿はしてなかったけどね、私は今日もごきげんに暮らしていますよ。

【投稿者】大分県 かなえちゃん
このミニ事件は星いくつ? 
  9
2017年12月08日公開
老眼の疑い 1826_medium ▼43歳の私は、ずっと眼鏡をかけているが、見えにくいのが悩み。そのことを妻に話すと「老眼になったんじゃない、眼鏡を買い換えたら」とのアドバイス。確かに「老眼」になったのかぁと自覚しながらも、老眼という言葉が心に刺さる。後日、眼鏡屋に行き、視力を計ってもらうと、眼鏡をかけた視力が1.0以上あったはずが、0.3まで落ち、老眼になったなぁと落ち込んだ。視力計測後、機械でレンズの度数合わせをしてもらったところ、店員さんから「レンズの度数は、前回と変わってないですよ」と思いがけない一言。どうして見えずらいのでしょうかと聞いてみると、「眼鏡が随分と汚れてます」と、その店員さんの笑顔はよく見えた。

【投稿者】大分県 もとちん
このミニ事件は星いくつ? 
  4
2017年12月06日公開
年間大賞にネコのフィギュア 1825_medium ▼「投稿!ミニ事件簿グランプリ」に、新たに「年間大賞」をつくりました。ことし1年間分12本の月間大賞の中から、来年1月に最優秀作品を選びます。年間大賞は「ミニ事件簿ワンダーランド」に再掲。記念品として、ミニ事件簿ネコのフィギュアを贈ります。 フィギュアは縦横約4・5センチの手びねり人形です。手びねりなので、同じ作品は二つとない、オンリーワンの一品です。 第1号はだれの手に? 12月中旬締め切りの第60回(11月期)、来年1月中旬締め切りの第61回(12月期)月間大賞までが対象ですので、まだチャンスがありますよ。

【投稿者】大分県 事務局
このミニ事件は星いくつ? 
  4
2017年12月05日公開
季節外れのお雛様 Gray ▼ある秋の日の事。12歳の息子はイベントの手芸講座でお雛様の置物を作ったのだが…実は彼、去年も同じイベントで同じような雛人形をすでに作っているのだ。なのになぜまた今年も?と疑問だったのだが、講座終了後の感想発表で、事の真相が明らかに。息子は「これで、末っ子の分ができました」と発言したのだ。息子には妹が4人。そう、彼は5人きょうだいのトップとして妹全員にお雛様をあてがいたかったのだ。本物を合わせて計3つしかなかった我が家の雛人形。今回の製作で4つとなり、ついに妹達全員分。その優しさに一番喜んだのは…おそらく親の私(笑)そんなわけで、今我が家の玄関にはツリーと共に季節外れのお雛様が並んでいるのだった

【投稿者】大分県 あすか
このミニ事件は星いくつ? 
  5
2017年12月04日公開
忘れた! Gray ▼今日は83歳の母の歯医者さんに同行です。母は車椅子生活ですので、行き帰りは車椅子ごと乗れる福祉タクシーにお世話になりました。車の後ろに車椅子に乗ったままの母を何本かのベルトでしっかり固定。さあ、出発です。幸い、今日は雲ひとつない青空。レントゲンの結果によっては、抜歯かもしれない不安な行き道を、綺麗な空がなだめてくれます。タクシーの優しい運転手さんは顔馴染みでしたので、母は色々と質問をします。母「この辺も変わったわね。あそこは何ができるの?」運転手さん「幼稚園ができるそうですよ。」と弾む会話のうちに歯医者さんに到着です。私が車から降りようとしたその時です。母が叫んだのです。「車椅子、忘れた!」

【投稿者】大分県 メイぶん
このミニ事件は星いくつ? 
  0
2017年12月04日公開
とある日の出来事 Gray ▼先日、小学2年生の娘と小学1年生の息子が何気ない会話で盛り上がってました。私は夕飯の準備をしていたので何の会話をしてるのかも分からず。少し手が空いたので娘と息子の会話を聞き耳を立てて内容を聞いてると…『最近寒なったのぉー』『ほぉーんと寒なったのぉー』『こんな時はコタツが良かねぇー』『ほぉーんとコタツが良かねぇー』『ここにミカンがあると良いのにねぇー』『ほぉーんと。気が利かないのぉー』『アハハハハ』まるで爺さん婆さんの会話。小学校低学年の発言じゃない(泣)若すぎる爺さん婆さんだなぁって思いました。

【投稿者】大分県 ペンギン
このミニ事件は星いくつ? 
  2
2017年12月04日公開
はたらくくるま Gray ▼我が家には2歳になったばかりの息子がいます。きょうだいは上に10歳以上離れた姉たち。そして、我が家にとって初の男子!男の子によくある「はたらくくるま」が大好きなのです。でも「はたらくくるま」の大切さや仕事を教えることもできるので母目線ではそれもありなのですが、先日近くにある消防署の出張所に停まる消防車と救急車を見ていると隊員さんが出てきてくれて色々話をしてくれたり車内の見学をさせてくれたりしたのです。そして別れ際、手を振る息子! 隊員さん達は手を振り返してくれたのですが母には分かっていたのです。息子がひと通り手を振っていたのは隊員さんの後ろにある救急車だったと言うことを。ごめんなさい!

【投稿者】大分県 ダイママ
このミニ事件は星いくつ? 
  4
2017年12月01日公開
旅先で襲われた悪夢 1815_medium ▼錦秋京都の本山団体参拝での出来事。エンドレス宴会を彷彿とさせた翌早朝、ひとり大浴場へ。脱衣場には乱れ脱がれた草履7足。早々、日本人の美徳とする薄手タオルを前身に長く垂らし浴場へ。ほの暗い湯気の奥、一列に体を洗う先客の一人が珍しく髭剃りを使っている。毛濃い人やなぁと思いつつ「お早うございます」の挨拶に静まり返る浴場。″乱れた下足に挨拶無し。世知辛い世の中や″と思った瞬間「ヒェッ!ここ男湯や!」。さて、立ち去る態勢が重要となる。タオルの位置そのままにカニ歩きで一目散。幸運にも脱衣場は私だけ。とそこへ若い男性が。「ちょちょっと待って!」。入浴せず汗だくの思い出深い団参となった。南無阿弥陀仏。

【投稿者】大分県 お寺のみっちゃん
このミニ事件は星いくつ? 
  12
2017年11月20日公開

みなさんの身の回りで起きているミニ事件簿を大募集。驚いた話や失敗談…などネタは何でもOK。グランプリ作品は紙面に掲載!

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社