ワンダーランドトップページ

嫁をもらえと言うならば Gray ▼仕事柄、人生の大先輩方との関りが多く、季節が変わるごと…否。話のネタが無くなれば…顔を見れば…なんとなく、等々。とにもかくにも「彼女は出来たか」「早く結婚しろ」といった叱咤激励を頂く日々。別に頑なに結婚を拒むでなく、相手がいないと言えば外に出ろ声を掛けろとまで言われる次第。苦笑いするしかない私ではあるが「嫁を貰え」こう言われると「では嫁を貰えと仰るならば、あなたの常々ご自慢の目に入れても痛くないお孫さんを頂きましょう」と言いたくもなるが、杖で脳天を割られたり湿布を口に入れられ窒息させられる恐れもあるので、結局「嫁ってどこでもらえるんですかぁ?」などとおどけて呆れさせるしかないのであった。無念。

【投稿者】大分県 ホルホルート
このミニ事件は星いくつ? 
  5
2018年11月14日公開
壁画 Gray ▼ある時、久しぶりに孫2人が来た。2歳と4歳の男の子である。家族で観ているテレビの前でかなり騒々しい。隣の部屋で小さいテレビを観させることにした。しばらくしてあまりに静かすぎると思い、部屋をのぞいて驚いた。リニューアルしたばかりの壁に大きな動物の絵が描いてある。1人の手にはアイロン掛けに使うスプレー。もう1人は絵の具と筆。大胆なタッチのキリンや象や虎がいる。この作品は10年以上たった今も、そのまま生きている。

【投稿者】大分県 糸さん
このミニ事件は星いくつ? 
  5
2018年11月14日公開
サンタさぁーん(泣) Gray ▼今年も残すとこ、あと1ヶ月と〇〇日。小3の娘と小2の息子はサンタさんにプレゼントを頼もうと手紙を書き始めました。娘の手紙をチラ見すると『サンタさん、今年はニンテンドースイッチが欲しいです』と。息子の手紙をチラ見すると『サンタさん、今年はニンテンドースイッチが欲しいです』と。同じモノですか!?1つで充分だろうも!と、つい言ってしまった私。子供たちは『あのね、同じモノじゃないんだよ!私はネオンカラーのスイッチが欲しいの。僕はねグレーのスイッチなの』と。や・や・やめろぉーっと心の叫び!2つでソフト入れると約8万・・・。お父さん、お小遣い、かなり減らしていいっすか!?

【投稿者】大分県 ゆうこ
このミニ事件は星いくつ? 
  7
2018年11月14日公開
あー、よかった Gray ▼夜、突然妻の姉から「婆ちゃん(母親91才)の血圧が200をこえ、フラフラして死にそうなんで救急車を呼んでくれと言ってる」と電話。電話のむこうからは「妹に相談なんかせんでいいから、早く救急車!」と母が叫んでいる。「ん?」と思ったが姉の家に駆けつけ、救急車にはサイレンなしで来てもらおうかと相談していたら母が「ピーポピーポと来るからみんなよけてくれるのよ。サイレン要る、早く電話!」と訴える。すぐに119番し、救急病院でCTや血液検査などの後で医師が「脱水状態です、水分摂取不足」と。水飲むとすぐに回復し、遅い夕食を(たっぷり)取って就寝した。高齢者には細心の注意が必要ではあるが、みんな疲れた。

【投稿者】大分県 ま、いっか
このミニ事件は星いくつ? 
  5
2018年11月14日公開
東京でうろうろ Gray ▼先日久しぶりに東京に行きました。池袋駅近くのホテルに夕方チェックイン。急に寄席に行こうと思い使い始めて間もないスマホで探しました。新宿末広亭を見つけ、ルートを探すと「丸の内線新宿3丁目駅下車1分」と出ました。さっそく丸の内線に乗りましたが、なかなか新宿3丁目に着きません。なんと都内をぐるりと回って着いたときは30分以上かかっていました。次のびっくりは駅の出口がいくつもあること。とりあえず近くの出口から出て通行人に聞いたが誰も知らない。スマホでルートを出したらすぐにコースが出たが東西南北が分からない。うろうろしているうちに8時をすぎてしまい、諦めてホテルに帰って寝ました。年寄りに東京は難しい。

【投稿者】大分県 しんちゃん
このミニ事件は星いくつ? 
  6
2018年11月08日公開
散歩は必須 Gray ▼あれは1年前。当時4歳の娘はテレビの動物番組を観ながら「可愛いな…飼いたいな…」と呟いていた。いつも家の前を散歩するワンちゃん達を可愛がっている娘、ついにペットを飼いたくなった様子。しかしながら我が家は子沢山な上、大飯食らいの金魚も3匹…これ以上誰かのお世話なんて私にはできない。うーん、どうにか諦めさせたい。そこで「毎日必ず散歩行けるの?」と覚悟の度合いを確認してみたところ…「行けるかな…重いしな…」と悩む娘。重い?あれ?そもそも何が飼いたかったの?と聞いてみると…「パンダさん!」と娘の口から笑撃の回答が。散歩できないから飼うのはやめておこう、と一件落着した我が家のペット論争なのだった(笑)

【投稿者】大分県 あすか
このミニ事件は星いくつ? 
  9
2018年11月07日公開
あるわけねーやろ(笑) Gray ▼前歯が抜けそうな息子が、気持ち悪いので抜いて欲しいと言ってきた。パパが手で抜こうとするも怖くなってしまったよう。躊躇している息子にパパが秘策を伝授。前歯を紐で結びボールを投げる作戦だ。それなら自分で出来るし、手で抜くよりはいいと思ったようだが、やっぱり怖くなった息子が…「誰か抜ける歯な〜い?」んんん!?誰か抜ける歯ない???聞き間違いかと思ったが、息子は真剣そのもの。あるわけねーやろ!ツッコミを入れながらも大爆笑。そんな都合のいい歯あるはずもなく、息子の不安は解消される事はありませんでしたが、家族全員が笑顔になる瞬間でした。※この後パパの手によって無事に抜けました(笑)

【投稿者】大分県 しゃきっぺ
このミニ事件は星いくつ? 
  23
2018年10月30日公開
姉VS弟 Gray ▼小3の娘と小2の息子は、とにかく毎日ケンカばかり。ケンカしては仲直り、ケンカしては仲直りの繰り返し。そんなある日、今までに無い大げんかをしていた。間に入ると面倒臭いので、暫く話の内容を聞きながら様子を見ていた。『あーもぉ、何で分からんの?答えが21になる掛け算の式を書きなさいっち書いてるでしょうが!3✕7しかないやろうが!』と娘。『7✕3っちゃ!』と息子、しまいには泣き出す息子。どっちも答えは21になりますけど。と言いたかったけど、いつ気付くか待っていた。結局、息子が気付いたので解決。なぁーんだ、紛らわしい問題やなって。トホホ・・・⤵︎

【投稿者】大分県 ゆうこ
このミニ事件は星いくつ? 
  11
2018年10月22日公開
時空を越えた? Gray ▼寝る前に、時代小説を読むのが日課の私。その夜は幕末小説を読んで寝た。翌日、あるビル内でエレベータを待っていたら、ドアが開いて男の人が降りてきた。「えっ!西郷隆盛!?」と思ったら、スーツ姿の武藏丸(武藏川親方)だった。趣味が講じて時空を越えたのかと思った。あービックリした!

【投稿者】大分県 時空ランナー
このミニ事件は星いくつ? 
  5
2018年10月19日公開
認知の曖昧な境界線上における一個人の見解 Gray ▼ある日、当然左折すべき帰路で父が右折をした。すぐに気付いた父は何事もなかった様にUターンしたが、私の想いは加速した-そう、父が認知症ではないかという疑念だ。昨今ある高齢者の逆走…ブレーキの踏み間違い…あってはならぬ事である。が、しかし。認知症と疑われ了承する父にあらず。一度母が脳の画像を取るよう受診を薦めた際も、それはもう激昂したものだった。悩む私はふと、腐った果実を食べながら私に勧めた祖母の笑顔を思い出す。後に祖母は徘徊等強まり、自宅暮らしが困難となった。つまり…味覚だ。よって、食卓に腐ったものを…とまでは言わないが、時には水にお酢を入れてみる等企てるのもまた一興。無論、父の名誉の為である。

【投稿者】大分県 ホルホルート
このミニ事件は星いくつ? 
  6
2018年10月17日公開

みなさんの身の回りで起きているミニ事件簿を大募集。驚いた話や失敗談…などネタは何でもOK。グランプリ作品は紙面に掲載!

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社