ワンダーランドトップページ

運は平等! Gray ▼家族でラクテンチに行った。息子には乗り物全てが魅力的で、特に初めて1人で乗った宇宙船のアトラクションは楽しかったようで、「また乗りたい」を連呼。楽しい時間を過ごすことができた。帰りは、お楽しみの「あひるの競争」。彼はアヒルを見るなり直感で「青」に投票。レースが始まると青が先頭を駆けた。「良いなあ」と自分の外れくじを見ながら、もう1回戦挑戦。彼は迷うことなく「赤白」に投票。レースが始まると不思議と赤白が先頭を走る。「息子は稀代のギャンブラーになれる」と思わず想像しながら、立ち上がって帰ろうとする息子の椅子の下には、財布から小銭が落ちていたのが見えた。運は平等だと思った瞬間だった。

【投稿者】大分県 もとちん
このミニ事件は星いくつ? 
  6
2018年10月16日公開
チップ 2018_medium ▼20年前慰安旅行でシンガポールに行った時のことです。人力車で市内観光のとき、上り坂になり一番ふくよかなナースさんを乗せた車のお兄さんが、日本語で「重たい重たいチップチップ」と叫んでいます。ナースさんはおかしいやら恥ずかしいやらで、慌てて100円硬貨を渡し坂を上り切りました。そしてレストランに着くと入口の所でじいさんが、チップチップとうるさいので100円渡しました。食事を終え、ホテルに帰ると別のナースさんがタクシーの中に財布を落としたと青くなっていました。すぐにレストランに電話したら、30分後に無事サイフを届けてくれました。じいさんが私たちの乗ったタクシーを覚えていたのです。チップ恐るべし!

【投稿者】大分県 しんぞう君
このミニ事件は星いくつ? 
  7
2018年10月15日公開
今も昔も変わりなく 2017_medium ▼ある日の事。家の外で鬼ごっこをして遊ぶ子どもの集団を室内から眺めていた私。ゲーム・スマホ世代の現代っ子がこんな懐かしい遊びをしている姿はなんだか嬉しいのだ。しばらくするとルールうんぬんで数人が揉め始めた様子。次第にヒートアップして口喧嘩となったのだが、これまた懐かしい。「お前の母ちゃんでーべーそ!」と言い合っている(笑)互いの母親をののしり合う懐かしのフレーズに、ほのぼのした昭和感を感じ心温まるひとときだったのだが…ののしり合いをしている3人が全員我が子だと気づいた時には恥ずかしさしかなかった私。「お前の母ちゃん」は自分の母ちゃんだよ。まったく、親の顔が見てみたい…と呆れた一幕なのだった(笑)

【投稿者】大分県 あすか
このミニ事件は星いくつ? 
  16
2018年10月12日公開
痛いっ! Gray ▼とある日の夕方、足の小指に激痛が走った。見てみると腫れてます。何で?何で?すっごい痛いんですけど・・・。痛い足を引きずりながら病院へ。診断結果は・・・『骨折』でした。何で折れてんの?なんでなんで?何かしたっけ、私?よぉーく考えてると、1つだけ思い当たる出来事がありました。それは・・・その日の昼、小指を角にぶつけました。小指をぶつけた結果が骨折って・・・。骨・・・弱くなってる?カルシウム、毎日取る!そう心に誓った夜でした。

【投稿者】大分県 ゆうこ
このミニ事件は星いくつ? 
  11
2018年10月03日公開
一言足りない! 2011_medium ▼6年前ぐらいの事です。主人が出張に行ったので、私は息子達を連れて、実家へ帰省していました。「何だか今回の出張は嫌な予感がする…」そう母に話していた時の事です。主人から着信がありました。「足の付け根を折った」と。私は頭が真っ白になりました。「手術はそっちの病院でするから、とりあえず今から帰る」と。私は大急ぎで支度をし、家へと急ぎました。しかし気になる事が。果たして足の付け根を折った人が帰って来られるものなのか?と。しばらくして、上司に付き添われて帰宅した主人の足元を見て納得。「足の付け根」ではなく、「足の(親指)の付け根」だったのです。呆れてものも言えないとは、まさにこの事だと思いました。

【投稿者】大分県 いなママ
このミニ事件は星いくつ? 
  22
2018年09月25日公開
久々の公園 Gray ▼子供2人を連れてアスレチック公園へ行った。久々の公園で子供たちと遊びまくった私。遊んでる時に女の子2人から声かけられた。『先生お久しぶりです』『今度、幼稚園に遊び行きますね』と言われた。私・・・幼稚園の先生ではない。子供たちと遊んでる姿が先生に見えたのか・・・。懐かしく感じてくれたのは嬉しいけど先生ではない。なんか少し複雑な気持ちになった。子供たちは、そこから私を『ゆうこ先生』と呼び出した。思い切り遊んだ。凄く楽しかったが・・・弾けすぎたのか、運動不足だから筋肉痛になり寝るのも痛すぎる。幼稚園の先生は筋肉痛にはならないだろうなと思ったこの頃でした。

【投稿者】大分県 ゆうこ
このミニ事件は星いくつ? 
  25
2018年09月25日公開
すっぱい葡萄 Gray ▼父の事である。帰宅した私に、父が「食ってみろ」と葡萄をひと房差し出した。どうやら畑に植えた葡萄が3年目にして初めて実を結んだらしく、父はとても誇らしげであった。が、しかし。色は薄く、不揃いな粒達の見てくれはお世辞にも美味しそうにあらず、食指が伸びない私。意を決し、ただ1粒を吟味して口に含む。ひゅぼぼっ、と唇が急速に萎み口の奧へと裏返る感覚。「お、甘いかな?」と思わせた直後の強烈な渋み、酸味えぐみ。「これ、美味しくないよ」と告げるも時既に遅し。父はもうこの爆弾をご近所に配ったという。葡萄の季節が終わるまで、私はご近所に会わす顔を持たず、皆様の唇をただただ案じるのみである。

【投稿者】大分県 ホルホルート
このミニ事件は星いくつ? 
  25
2018年09月19日公開
冷たい男 Gray ▼東京から長女(66才)が久しぶりに帰省し、妹2人は大分の人気ラーメン店につれて行った。長女は体調がすぐれないのか麺を半分残して次女に「あんた、食べて」と言い、次女は自分の分もあわせて完食した。次の日、長女がインフルエンザであると判明、翌日に次女とその夫、続いて三女とその娘・息子・孫(1才)、それに姉妹の母親(91才)まで次々に罹患し、みんな寝込んだ。災厄の源である長女は症状軽く、アッという間に回復して元気に帰って行き、残された人たちは布団の中で怒っていた。かく申す私(三女の夫)はなぜか感染せず、三女から「冷たい男」と白い目で見られた。

【投稿者】大分県 ま、いっか
このミニ事件は星いくつ? 
  9
2018年09月15日公開
息子の話 Gray ▼うちの息子(小2)は最近あー言えばこー言うようになった。『明日の用意して』と言えば『致しません』。『今日カレーやろ』と聞かれ『良く分かったね』と言えば『主婦のカン』。何か話がある時は『僕に3分だけ時間を下さい』と言う。テレビの影響って凄いなって改めて感じた。学校では『御意』と返事をするらしい。そんな息子は『科学の力が真実を証明する』と言う言葉を使いたくて仕方ない。何処で使うのか・・・使う日は来るのか・・・。どんな時に言うのか少し楽しみな部分もあるけど何でも返事をする時は『御意』は止めてくれぇ~と思う秋の夕暮れでした。

【投稿者】大分県 ゆうこ
このミニ事件は星いくつ? 
  57
2018年09月13日公開
視力が落ちた! Gray ▼先日、一週間ぶりくらいにメガネをかけた。あまりよく見えない。「視力が落ちた?大ショック!」と思いながら、メガネ屋さんへ。「すみません。このメガネ、度が合わなくなったので、合わせてもらいたいんです。」メガネを手に取ったメガネ屋さん。「お客さん、このメガネ、片方しかレンズが入ってないですよ。」と一言。慌ててケースを見ると、レンズらしきものがケースの中に。恥ずかしいやら嬉しいやらで、つい出た言葉が「私のような人はいませんよねえ?」「いないことはないですよ。」笑いたいのをのを我慢したような顔で答えてくれた。落ちたのは視力ではなく、レンズの片方だった。よかった!ことにしておこう。

【投稿者】大分県 れんげ草
このミニ事件は星いくつ? 
  5
2018年09月12日公開

みなさんの身の回りで起きているミニ事件簿を大募集。驚いた話や失敗談…などネタは何でもOK。グランプリ作品は紙面に掲載!

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社