ワンダーランドトップページ

コンパクトの目 Gray ▼最近、朝の通勤電車の中でお化粧する姿をよく見かける。空席がなく立っていると、すぐ前に座っている女性が付け睫毛をしはじめた。後ろに立っていると自然な立ち姿でもコンパクトのなかが良く見える。我が家には付け睫毛をつける者はいないし、勿論、男の私は付けたことがない。その仕組みはどうなっているのか、眼球を傷つけないのか、剥がすときは痛くないのか、自分の小さな目にも付けたらパッチリと大きな目に見えるだろうかと思いながら、コンパクトのなかの作業に見入っていた。と、コンパクトのなかの目が「キッ!」と睨み付けてきた。慌てて眼をそらした。

【投稿者】大分県 真実一路
このミニ事件は星いくつ? 
  0
2017年04月10日公開
さぞかし大変なことでしょう Gray ▼以前、主人が久しぶりに「近くのホテルへ麻野さん夫婦が来るから、おいさんと一緒に会いに行って来るわ」と出掛けました。そのおいさんも名字は麻野さん。そう、おいさんの親戚です。ところが、その家に嫁に来てくれた人の〝名前〟が麻野さんなのです。えー、何が何だかさっぱり分からない。結局、「麻野麻野」さんになるわけ。そういう事に。そんな偶然があるんだね。今まで聞いた事ないよ。その麻野さんは窓口や受付に行くと、何か悪いことしたみたいに、「名前まで書いてください」とか、何度も呼ばれたりして最初は大変だったそうです。

【投稿者】大分県 バータン
このミニ事件は星いくつ? 
  3
2017年04月03日公開
異文化交流 Gray ▼母と祖母と温泉旅行に行った時の事です。大浴場の入り口が分からずに困っていると、祖母が近くにいる他の客のグループに聞きに行きました。しばらく話し込んでいたのでしっかり聞いてくれたのだと思い、祖母にどうだったの?と聞くと、『あの人たち、方言強すぎて何いいよんか分からん!』と一言。驚いてその人たちの方を見ると、なんと韓国からの観光客の方でした。いやいや普通気づくだろ!と母と大笑いしながら、祖母のコミュニケーション能力の高さに驚かされました。

【投稿者】大分県 トマト
このミニ事件は星いくつ? 
  3
2017年04月03日公開
お別れサッカー Gray ▼私の学校で卒業式の後、謝恩会の前の余興にクラスの人たちとお別れサッカーをすることになりました。これまでにお世話になった先生方も入り混ざっての大熱戦となりました。すると、熱くなりすぎたのか試合の途中で1人の先生が思いっきり転んでしまいました。どうやら転んだ時に足を強くひねったらしく、立ち上がれないほどの状態だったので救急車を呼ぶことになりました。しばらくすると、救急車が来てその先生は運ばれていきました。結局その先生は足を骨折していたらしく、その後の謝恩会にも来ることができませんでした。ただの余興のつもりが、まさか本当に「お別れサッカー」になってしまうとは誰も思ってもいませんでした。

【投稿者】大分県 かるべ
このミニ事件は星いくつ? 
  0
2017年04月03日公開
見捨てないで Gray ▼機械オンチの私の父が、テレビを買い替えた。知り合いの電気屋が新しいテレビを運んで来て、リモコンの使い方を父に一生懸命教えるが、イマイチ理解できずに何度も同じことを聞いている。一応ひと通り教えてもらった後で父が「どうしたらビデオが見られるんかい?」と聞いたら、電気屋のオジサンは「教えてんわからんから、教えん」と言って帰って行った。

【投稿者】大分県 ま、いっか
このミニ事件は星いくつ? 
  2
2017年04月03日公開
卒業 Gray ▼今年、四年間の大学生活が終了した。初めての一人暮らしを経験し、様々な思い出を作ることができた四年間。様々な込み上げるものがあり、大切な人たち一人一人にその思いを手紙を書いた。最後に泣かせてやろうと感動するような手紙を渡したが、もらった相手よりも先に、渡す自分が号泣してしまった。多くの人と出会うことができた四年間。これから社会人としてさらに多くの人と出会い、その出会いを大切にしていきたい。ただ、涙を簡単に流さないようにはしたいと思う。

【投稿者】大分県 tkc
このミニ事件は星いくつ? 
  2
2017年03月27日公開
名シーンの再現? Gray ▼甥っ子のノリちゃんは6歳の男の子。節分行事で、園児が自分で作った鬼の面を被って、逃げる先生を追いかけていた。怖がりながら逃げる先生に、ノリちゃんは、先生が本当に怖がっていると思い、鬼の面を外して、先生のところに行き、「ノリだよ。怖くないから。」と優しく声をかけたので、先生は大喜びして、抱きしめたとのこと。その話を聞いたので、我が家でも、その名シーンの再現をしたいと思った。私が鬼の面を被り、2歳の息子を追い回すと、予想通りの大泣き。これは計算通りの流れと思いながら、鬼の面を外して、「父でした」と話しかけると、鳴き声が更に大きくなり、「ちっち(父)、バツ」を連発。すっかり嫌われました(涙)。

【投稿者】大分県 もとちん
このミニ事件は星いくつ? 
  4
2017年03月27日公開
舐めてかかるとひどい目にあう!? Gray ▼先日、草野球の練習に行ったときのこと。野球未経験者の私は、守備で難しいのはキャッチャー、ピッチャー、内野手、外野手の順だと思っていて、「外野の守り何て誰でもできるやろ」と甘く見ていた。しかし、実際に外野を守ってみるとかなり難しい!想像より10倍は難しい。まず、打球との距離感が全くつかめない。高く上がったフライならまだなんとか処理できたが、高く上がらないボールは全く取れない。ボールが思ってる以上に伸びてくる。プロ野球などを見ていると外野手は軽々とキャッチしていたので正直舐めていた。ボールが飛んでくると常に「バンザーイ」状態であった。何事も舐めてかかるとひどい目にあうと身をもって体感した。

【投稿者】大分県 ドラゴン
このミニ事件は星いくつ? 
  1
2017年03月27日公開
麗しき大分弁 Gray ▼それはまだ娘が小学生だった頃、初めて東京ディズニーランドに行った時の事です。大分から空路で羽田に着き、都心へ向かう電車の中での事。初めての大都会に少し緊張気味の次女は、ちょっと気取って「私、今から大分弁を使わんけん。東京にいる間は標準語でしゃべるけん」と宣言しました。と、丁度そこへ電車の乗り換え案内の車内アナウンスが流れ、その途端、「エッ?なんち?」たった今宣言した側から大分弁が炸裂です。家族中が大爆笑したのは言うまでもありません。彼女の健気な宣言も、わずか10秒足らずであえなく撃沈してしまいました。背伸びをしてみても、慣れない事はやっぱり無理ですね。20年経った今でも我家の笑い話の一つです。

【投稿者】大分県 リリーカサブランカ
このミニ事件は星いくつ? 
  5
2017年03月27日公開
蚊退治 Gray ▼先日、ミニバレー仲間の飲み会があった。宴たけなわ、友人かAさんの話。それは、昨夏ショートパンツで自転車をこいでる時太もも左右に蚊が1匹ずつ止まった。思わず自転車こいでること忘れ両手でパンと強くたたいた。案の定自転車ごとこけて足はすりむくわ太ももには手形がくっきり。両手を見ると右手に蚊がついていた。1匹は仕留めたそうだ。

【投稿者】大分県 とくちゃん
このミニ事件は星いくつ? 
  1
2017年03月27日公開

みなさんの身の回りで起きているミニ事件簿を大募集。驚いた話や失敗談…などネタは何でもOK。グランプリ作品は紙面に掲載!

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社