ワンダーランドトップページ

思い出の味 Gray ▼妻の実家に緊張しながら初めていった時料理が得意なおばあちゃんからご馳走を振舞われ、満足感でリラックスした頃「トマトジュース好きかい?」と聞かれて私は喜んで「はいっ」と頷きました。そしてその自家製ジュースを出されるなり一気に飲み干しましたが同時に言いようのない衝撃が食道に走りました。そのジュースは砂糖で味付けされており、塩味と想像してた私は不意を突かれ危うく不祥事を起こしそうな状態を土俵際ギリギリで踏みとどまったのです。その時「美味しい?」と笑顔で聞かれ、「美味しいです」と涙目で答えることが出来ました。今ではもうそのジュースを飲む事は叶いませんが、それでも時々そのジュースを飲みたくなるのです。

【投稿者】大分県 リトルタイガー
このミニ事件は星いくつ? 
  5
2017年07月10日公開
「売ってないのよッ」 1677_medium ▼入所者の⚪︎⚪︎さん。何か言いた気にステーションに。「どうされましたか」と声をかけると「売ってないのよッ」「水が欲しいんだけど〝酢〝しかないのよッ」と。「ここにあるお茶をどうぞ」と勧める。「いいの❓ありがとう」と。お部屋に戻りながらも「酢しかないのよッ」と。どういう事かと自販機を確認に行くと《そういう事かあ》 商品名が 〝す〝で終わる天然水がそこに。 やっぱりこの仕事だ〜い好き

【投稿者】大分県 あおいさん
このミニ事件は星いくつ? 
  4
2017年07月05日公開
特製ステッカー完成 1682_medium ▼「投稿!ミニ事件簿グランプリ」の月間大賞、準大賞に選ばれた投稿者に贈る特製ステッカーが完成しました! 大賞は王冠をかぶったネコでキラキラ光るホログラム仕様。準大賞はミニ事件簿によく登場する警官とネコ(どちらか1枚)です。第54回(5月期)の入賞作品から対象になります。入賞しないともらえません。どしどしご応募ください。

【投稿者】大分県 事務局
このミニ事件は星いくつ? 
  6
2017年07月03日公開
別の汗 Gray ▼先日、新緑の久住高原を見たくて、1人ドライブに出かけた。お気に入りの高原を巡り、温泉にもゆったりつかって、上機嫌で帰路についた。なかなかひかない汗も、窓を全開にすると気持ちよく運転できた。けれど、ひいた汗が、別の汗に変わる事が起きた。車前方で、旗を振る警察官が脇へ寄るよう誘導している。瞬間「エーッ!そんなにスピード出してないよ!これで長年のゴールド免許が切れる!!」とそれまでの楽しさは吹っ飛んだ。窓の外に若い笑顔の警察官が「すみません、スピード違反の取り締まりではないのでご心配なく。この辺りは高齢者が多くて、安全運転のお願いです。」とのこと。ホッとはしたけど、温泉後の冷や汗にはまいりました。

【投稿者】大分県 ドジんこ
このミニ事件は星いくつ? 
  2
2017年07月03日公開
怪盗ルパン! 1640_medium ▼妻が「床に足跡がある」と指さしながら、不安げな表情を浮かべている。私も「泥棒が入った」と心配になり、家の中を確認したが、盗られた形跡はない。鍵はかかっていたので、まるでルパンの完全犯罪のようだ。その後、不安になったので、私のお小遣いで防犯グッズを大量に買い込んだ。ある日、外出するので、施錠を何度も確認をしていると、隣に住む母親が「あんたは用心深いなぁ」と言うので、「一度泥棒に入られると、用心深くなるよ。気を付けよ」と答えると、「実はあの足跡は私。ちょっと用事があったけど、靴を脱ぐほどの距離でもなかったので靴のまま入った」と恥ずかしそうに告白。ルパンは私から、お小遣いを奪っていた。

【投稿者】大分県 もとちん
このミニ事件は星いくつ? 
  8
2017年06月30日公開
近所迷惑 Gray ▼私の甥は、結婚を機に実家を出て2人で市内のアパート暮らしを始めた。なかなかしっかりした子で、子供が生まれてからは事あるごとに3人でお墓参りを欠かさず、母親はいつも頼りにしている。先日一族の長老が亡くなり、納骨の日に皆でお墓の前に集まったところ、甥が「アリャ、ウチの墓は、こっちか」と叫んだ。どうやら今まで、2つ隣の同じ姓のお墓にお参りしていたらしい。全員の目が冷たく注がれ、特に奥さんが不信の目で彼を見つめていた。

【投稿者】大分県 ま、いっか
このミニ事件は星いくつ? 
  7
2017年06月29日公開
泥酔 Gray ▼兵庫県の明石で飲んだ時のこと。かなり良い気分になって宿泊先の三宮まで電車に乗った。すぐに寝込んでしまったが、しばらくしてひょいと眼を開けると、対面のベンチ席は皆若い女性ばかりだ。へえ~珍しいこともあるもんだ。「ラッキー!」と思った瞬間、まさかと思って、自席側の左右を見るとこれまた女性ばかりだった。女性専用車両だ!。あわててドアの前まで行き、駅が来るのを今か今かとひたすら待った。きょろきょろしていたらイヤラシイおっさんと思われただろうが、田舎者の酔っ払いが泥酔していると無視してくれたに違いない。大分には女性専用車両が走ってないので全く頓着なしに乗車してしまった。いっぺんに酔いが醒めた。

【投稿者】大分県 真実一路
このミニ事件は星いくつ? 
  10
2017年06月24日公開
スズメの親子愛 Gray ▼ある日、自転車で近くのスーパーからの帰り道、頭の上でチチチチと小鳥の鋭い鳴き声にフト上を見上げるとびっくりした。スズメらしき小鳥が2羽で大きなカラスを追いかけてつついていた。カラスは這う這うの体で逃げていた。あのカラスがと思うと今でも不思議な気がする。ビルの陰に隠れたがしばらく見ていた。その帰りいろいろ憶測する。あの2羽は夫婦ではなかったか、子どもが襲われたのではなかったかと。実にすばらしい親子愛を感じた。

【投稿者】大分県 河村益夫
このミニ事件は星いくつ? 
  4
2017年06月24日公開
登校珍事件簿 その② Gray ▼先日私は小学生の息子や娘と会話をしている中で「いいなぁ、ママもまた小学校に行きたいなぁ」と何気無く発言していたのだが…思わぬ形でその願いは叶うことになってしまった。それは息子の2回目の検尿提出日の朝。彼は1回目の提出日に検尿容器を家に忘れてしまい、次の最終締切日は絶対に忘れないように釘を刺していたのにまた忘れたのだ。勿論担任の先生からも電話があり、私が届ける事になったのだが、業者の方の引取時間は15分後。メイクも途中のままアラフォー女は全力疾走で登校するハメになったのだ。なんとか間に合い一件落着。25年ぶりの登校を叶えてくれた長男には説教でもしてやろうか…と考えつつ下校した私なのだった(笑)

【投稿者】大分県 あすか
このミニ事件は星いくつ? 
  5
2017年06月19日公開
登校珍事件簿 その① 1625_medium ▼ある平日の朝の事。春から小学1年生の娘はすっかり学校生活にも慣れて、朝の準備も滞りなくできるようになった。ランドセル、水筒、バッグ…と、身支度は完了。元気良く「行ってきまーす」と言って家を出ようとする娘を微笑ましく思いながら見送っていたら、何か違和感が…。そして数秒後にハッとした。娘は服を着ていない!パジャマからワンピースに着替える途中で、着替えている事を忘れて次の準備に取り掛かってしまったのか…。短パンと肌着のままランドセルを背負っている娘、朝から驚きと爆笑に包まれた我が家だった。1年生の親御さん、1年生はまだまだ半人前、服を着たかどうかの確認もどうぞお忘れなく…うちだけ?(笑)

【投稿者】大分県 あすか
このミニ事件は星いくつ? 
  5
2017年06月09日公開

みなさんの身の回りで起きているミニ事件簿を大募集。驚いた話や失敗談…などネタは何でもOK。グランプリ作品は紙面に掲載!

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社