ワンダーランドトップページ

偶然が重なって大爆笑 392_medium ▼10年ほど前のある日の出来事。仕事に行っていたはずの母が、職場の小学校から車で5分ほどのわが家へ血相を変えて帰ってきて大慌てで再び職場へ行ってしまいました。運動会の練習中にアクシデントが発生したそうです。事の発端は、応援合戦の練習。体育館で流行歌のカセットを流し、それにあわせて練習するはずが。デッキから流れてきたのは何と般若心経!! 運動会練習中は学校の機材が不足するため、私物のデッキにカセットを入れたままにしていた母。それを知らなかった父がお経を覚えようとテープを入れ替え、さらに入れ替えた事を知らなかった母がそのまま職場へ持って行って再生してしまったと言う訳です。偶然が重なった悲劇でした。

【投稿者】大分県 かぼちゃ
このミニ事件は星いくつ? 
  6
2013年06月17日公開
「おひとりですか?」 390_medium ▼私は寺の娘。子持ちバツイチの準独身。ある日、お供え果物を一対買うため、昼休みに慌てて行きつけのスーパーへ。なんと運よく、その日はバナナが安い!即、2房をカゴに入れ、レジヘ小走り。時間帯が違うせいかレジには感じのいい若いお兄さん。重いカゴを優しく私の手から受け取るなり、どこか憂いを秘めた微笑みで私の顔をのぞき込み、優しく語りかけるように小声で「おひとり…ですか?」。私は一瞬息を止め、「えっ、まぁひとりといえば一人ですけれど…」と、はにかみ答えた次の瞬間、「お客様、本日バナナ、お一人様一房となっております」。それ以来、「お一人様、おひとつ限り」の札を見るたび、わが身の愚かさを恥じる毎日である。

【投稿者】大分県 お寺のみっちゃん
このミニ事件は星いくつ? 
  21
2013年06月17日公開
あ~!勘違い Gray ▼ある日の夕方、出先から職場に戻ると、私のデスクの上に紙袋が置いてあった。上から中身をそ~っと見るとビニール袋に包まれたイチジクが入っていた。どうやら仲良しの先輩が置いていってくれたらしい。イチジクは息子の大好物!家に帰り息子に尊敬と歓喜のまなざしで見られながら、得意げにイチジクを差し出す自分の姿を妄想。先輩に「息子が喜ぶ顔が浮かびます」と書き添えたお礼と感謝のメールを送った。ほどなくして先輩から返信メールが・・「喜んでいるところ言いにくいんだけど、あれ赤タマネギなんよ・・」顔から火が出るとはまさにこの事。中身を確認しなかった自分の愚かさを反省しながら、一人PCの前で爆笑したのだった。

【投稿者】大分県 たなごちゃん
このミニ事件は星いくつ? 
  8
2013年06月13日公開
少ないより多い方がいい Gray ▼半世紀も前、私が中学生だった頃の話。漢字のテストで「恵む(めぐむ)」という漢字の頭に「、」を付けて×をもらった。先生から「、は要らない」と言われたが、私は「何でも少ないより多い方がいい。よけいにもらって文句を言う人はいない。特にめぐむのは多い方がよい」と言ったら「屁理屈を言うな、先生を馬鹿にしているのか」と怒られた。この頃は食物が少ない時代で、いつも腹をすかしていた。本当はどちらが正しいか分からなかったが、本能的に多い方を選んでしまった。後で「お前の気持ちはよく分かる」と言ってくれた。今の飽食の時代は嬉しいが、あの先生の顔は今でも忘れない。

【投稿者】大分県 トシロー
このミニ事件は星いくつ? 
  5
2013年06月07日公開
泥棒捕獲大作戦! Gray ▼深夜2時頃、自分の部屋で起きていると家の前に黒いワゴン車が止まって男の人が降りてきた。その男の人は玄関で「ガチャガチャ」と音をたてながら何かしていた。私は「泥棒だ!」とその瞬間感じた。次の日から毎日夜ふかしして、また家に泥棒が来るのを待ち伏せた。その結果、泥棒は毎週木曜日に来ることが判明した。そして次の木曜日、学校でみんなに「今日、泥棒捕まえてくるから明日楽しみにしてて!」と宣言した。いよいよ深夜2時になり、いつもどおり泥棒が家に来た。私は自分の部屋の窓を開けて大声で「何やってるんですかっ!」と言った。そしたら泥棒はびくりしながら「ぎゅ牛乳屋です・・・」と言った。次の日私は学校で笑い者だった。

【投稿者】長野県 チョコチップメロンパン
このミニ事件は星いくつ? 
  5
2013年06月06日公開
課題 Gray ▼ この間、大学のゼミで課題がでた。その課題というのは「私のミニ事件簿」とゆう最近起きた事件を書くこと。私は余裕をぶっこいて締め切り最終日まで何もしなかった。そして今締め切りの30分前だが何も書くことがない!これは事件だ!!!

【投稿者】長野県 ポメオ
このミニ事件は星いくつ? 
  1
2013年06月06日公開
どうしましょ、けっとうしょ。 380_medium ▼「犬(生後5カ月)の『けっとうしょ』が届いたよ。」10歳の娘は驚きと悲しみの表情で、「どこから送ってきたの?まだ子犬なのに、何で?いやだよ、土佐犬とかと闘ったら、負けちゃうよー。」もう、やだワン!血統書を「決闘書」と勘違いの娘、母には口げんかの決闘を毎日挑んでくるくせに。

【投稿者】福岡県 ナンデカナ
このミニ事件は星いくつ? 
  3
2013年06月05日公開
ちょっぴり後悔 Gray ▼ 通学中の電車内でのこと。近くの席に座っていた女性に見とれていると、少し大きな虫が女性に近づいていることに気づいた。少しアピールをしようと、その虫を追い払ったが、女性には気づいてもらえなかった。しかしその虫は懲りずにどんどん近づいていき、ついに女性の服にとまった。しばらく声をかけるべきかを迷っていると近くの男性が、「虫がついてますよ」と声をかけた。女性は驚いたあとに取り払って、「ありがとうございます」と笑顔で男性に感謝をしていた。今さら、自分は追い払ったんだなんて言えない・・・

【投稿者】長野県 名無しの学生
このミニ事件は星いくつ? 
  0
2013年06月05日公開
事件多発! Gray ▼大学でミニ事件簿の記事を2つ作るという課題が出た。1つ目はなんとか書いたが、もう1つの記事が全く思いつかない。仕方ないので、「2つ目の事件がないという事件」を書こうと思っていたら、「友人Uに邪魔された」という事件があって、それが「結構長引いた」という事件に発展し、「友人Mがあまり面白くないツッコミを入れてきた」という事件がさらに発生して、「その場の空気が大変なことになった」という事件に突然友人Kが屁をこいた。

【投稿者】長野県 ネオアームストロングサイクロンジェットアームストロングホウ
このミニ事件は星いくつ? 
  0
2013年06月05日公開
のらねこの親子、横断歩道を渡る Gray ▼ある朝のこと。父の運転で学校まで向かって行く途中、私は睡魔に襲われ意識を失いかけていた。しかし、突然の父の笑い声により意識を取り戻すと、そのまま車がゆっくりと止まった。私はねぼけまなこを必死に開けて前方を見ると、なんとのらねこの親子が2匹、縦に並んで横断歩道をゆっくりと渡っていた。それも、足をぴんと伸ばし優雅に渡っている。その姿に、私はもはやついさっきまでの睡魔を忘れ、うっとりと見入ってしまった。のらねこの親子が横断歩道を無事に最後まで渡りきるのを見届けた私たちは、それから学校までの道のりを急いだ。朝からほっこり。

【投稿者】長野県 ジャスミン
このミニ事件は星いくつ? 
  3
2013年06月04日公開

みなさんの身の回りで起きているミニ事件簿を大募集。驚いた話や失敗談…などネタは何でもOK。グランプリ作品は紙面に掲載!

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社