ワンダーランドトップページ

巨大ヘリコプター 165_medium ▼昨日車の運転中。4才の次男が「おとうたん、おっきいヘリコプター」。なにげに窓を見たんですが、ヘリコプター音も、気配も無く。軽く返事をして流していると「おとうたん、おっきい雲」。車を停めて、空を見上げるとバッテン印の大きく交差した雲が…。思わず写真を撮りました。

【投稿者】大分県 あらじん
このミニ事件は星いくつ? 
  13
2013年02月01日公開
思わず生存本能が Gray ▼県北の、市街地から遠く離れた山村に一軒の診療所がありました。自宅を兼ねた古民家の主は米寿を過ぎ伴侶に先立たれて一人暮らしのお医者様でした。先生は私が月に一度訪れるのを心待ちにしていて、私の顔を見るとさっさと臨時休業。「さあご馳走を食べに行くぞ」と大分空港へ直行。ターミナルのお洒落なレストランで定番の海老天うどん。「美味しいなあ、ご馳走を食うのが一番の楽しみ、もう歳だから思い残すことはない、いつお迎えがきてもいいように心の準備は出来ている」と。「先生うどんも良いけどいつかふぐのフルコースをご馳走しましょうか」に「ダメダメ、ふぐは危ない!やめとこう」「???」。もう鬼籍に入られた先生に合掌

【投稿者】大分県 はまちゃん
このミニ事件は星いくつ? 
  6
2013年02月01日公開
おまえはシャァか Gray ▼メジャーリーガー、イチローといえば美しく鋭いレーザービームがファンを魅了するが、私にとってのレーザービームは小学生の頃のドッジボールの1シーンだ。相手の投げたボールをK君がキャッチ。いつもやられるM君が、外野とのライン際を左から右に逃げ始めた。K君はコートの、向かって右隅あたりを狙ってボールを投げた。キーンと美しい直線軌道を描くかのように飛んでいくボール。とにかく逃げるだけのM君は必至で右方向に走る。すると、ボールはM君の脚に命中、M君はひっくりこけた。今思えば、先を読んだレーザービームのようだった。おまえはシャァか(この表現、分かる人だけ分かればいいです)。

【投稿者】大分県 赤い彗星を見た男
このミニ事件は星いくつ? 
  4
2013年01月30日公開
けばった、闇の中 Gray ▼私が勤めている会社のトイレは、電気のスイッチをオフにすると、約1分後に消える仕組みになっている。先日、深夜の残業中に「大」の方で用を足していたとき、突然、真っ暗に。前に使った人がスイッチを切ったのを知らずに、座って踏ん張っていたというわけ。闇の中で「こりゃいかん」と思いながら、誰かが来るのを待っていたが、誰も来ない。仕方なく携帯電話で、同じく残業中の後輩に連絡。「すまん。便所の電気をつけに来てくれ」。大笑いされてしまった。

【投稿者】大分県 トイレンジャー
このミニ事件は星いくつ? 
  2
2013年01月30日公開
スリッパの行方 Gray ▼三寒四温の温かな日。大掃除並みにお洗濯。ふと足下に目をやるとくたびれた愛用のスリッパ。こちらも久々にゴシゴシ手洗いし天日干しの場所探し。ここなら日当たり良好!と自家用車のてっぺんへ。それから優雅にコーヒータイム。あっという間に幼稚園のお迎え時間。慌てて車でgo。帰宅後ようやくスリッパの事を思い出し顔面蒼白! 車の下、駐車場一体をくまなく捜索するも見つからず忽然と姿を消した。あきらめて今度は保育園のお迎えへ。すると500メートル先に見覚えあるアイツ…。何とスリッパは車のてっぺんに鎮座したまま500メートル旅に出ていました。(赤面)

【投稿者】大分県 堤かおる
このミニ事件は星いくつ? 
  8
2013年01月29日公開
おばあちゃんと思いきや… Gray ▼ある県南の山間部に勤務していた駐在所員から聞いた話。赴任したばかりの頃、管内をパトカーで巡回していた。すると、道ばたにうずくまった人影を遠くに発見。その姿は茶色の上着を羽織り、背中の丸まったおばあちゃんのように見えた。不審に思い、声を掛けようと車を向かわせた瞬間、なんと“おばあちゃん”が跳びはねて森の中へ。信じられない出来事に驚いた所員。すぐさま行方を目で追ったところ、その正体に納得。大きなサルでした。後々聞けば、サルが姿を見せることはよくあるといい、見間違いに苦笑い。

【投稿者】大分県 ポチョムキン
このミニ事件は星いくつ? 
  2
2013年01月28日公開
父親の面目丸つぶれ Gray ▼子どもたちが小学生の頃、大分から用事で小倉に行くことになった。ちょうど別府を通過しようとした時、スピード違反で止められた。「お父さん、気をつけてよ」と家族から注意を受けつつ、無事に小倉に着いた。「遅くなったけど泊まれないから」ということで今度は大分に向かって車を走らせていた時、再びスピード違反。父親の面目丸つぶれ。笑えぬ思い出です。

【投稿者】大分県 M.H
このミニ事件は星いくつ? 
  4
2013年01月28日公開
湯のみ茶碗 Gray ▼大学生であった私は、成人式を別府で迎えました。友達と楽しい時間を過ごした後、ルンルン気分でスキップしながら、記念にもらった湯のみ茶碗の箱を振りながら家路へ。どうした弾みか、右手に持っていた記念の湯のみ茶碗が手から放たれて道路の草むらの中に飛んでいってぐちゃぐちゃに…。親にはもちろん内緒。お茶を飲むことも飾ることも出来なかった50年前の私の苦いお話でした。

【投稿者】大分県 望月陽子
このミニ事件は星いくつ? 
  4
2013年01月28日公開
無茶はいけない Gray ▼真冬の鶴見山(別府市)山頂で行われた極寒我慢イベントのニュースを見た27日、痛い思い出がよみがえった。東京の大学に通っていた20数年前、代々木であった祭りのステージで、かき氷早食い競争に出場。ヨーイドンの合図で、超大盛りのかき氷をガバガバと口にかき込んだ。タイムはそこそこ良かったが、上には上がいるもので、残念な結果に終わった。その後、すごい試練に襲われることに。余りに冷たいものを一気に食べた影響で、歯が神経過敏状態になり、ぬるい水を飲んだだけでもズキーン! 一週間以上、この状態が続き、その間、激痛を我慢しながら、恐る恐るものを食べていた。かき氷は、ゆっくり食べましょう。

【投稿者】大分県  クイックキックブルース
このミニ事件は星いくつ? 
  2
2013年01月27日公開
大人なのに・・・ Gray ▼先日、インフルエンザにかかってしまい、高熱が出てフラフラに。これはマズいと、病院へ行こうと思ったら、その日は日曜日で、どこでもあいているわけではなかった。幸い、さほど離れていない所が休日当番医で、あいていることが分かり、その病院へ。待合室のソファーでグッタリしていたとき、看護師が「◯◯くーん、◯◯くーん」と、私と同じ名前の子供を呼んでいる。しかし、ほかの患者は見当たらない。すると「▽▽◯◯くーん」と私のフルネーム。そのとき気づいた。休日当番医のここは小児科医で、普段通りの呼び方をしているのだと。「はーい」と返事して診察室へと向かった。

【投稿者】大分県 スマッシュヒット
このミニ事件は星いくつ? 
  3
2013年01月27日公開

みなさんの身の回りで起きているミニ事件簿を大募集。驚いた話や失敗談…などネタは何でもOK。グランプリ作品は紙面に掲載!

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社