ワンダーランドトップページ

思い出せない!! Gray ▼先日、JRで帰ろうと列車に乗り込んだ。席に座った途端、正面のスーツ姿の男性が「あれ、豊肥線で通ってるんですか」と話し掛けてきた。そういえば、仕事で会ったことがあるような・・・。「あ、はい」「どちらにお住まいで?」「○○です」。会話をしながら思い出そうと焦るが、どうしても思い出せない。意を決して「すみません、お顔には覚えがあるのですが・・・」と切り出した。「○○です。別府市役所の方ですよね?」と男性。「違います・・・」。単なる人違いだった。男性は「すみません!」と恐縮することしきりだったが、「ほんとにそっくりなんですよ」と何度もいわれ、自分のそっくりさんを別府市役所に見に行きたくなった。

【投稿者】大分県 たまちゃん
このミニ事件は星いくつ? 
  5
2013年04月19日公開
新命和尚の輪廻天職... 284_medium ▼はるか春が3回くらい廻った昔のお話。或るお寺の新命和尚がつぶやいた。俺って職業選択の自由が無かったんだ。寺で新命とは嫡男ただ一人。次男三男はなりたくとも寺は継げない。皮肉なことに新命はバイク好きで免許オタク。白バイ警官になるのが夢だったそうだ。僧堂(正式に住職になるための修業の寺)に入るまで全ての免許を取ってブイブイ言わせたそうだ。次男の恨めしい視線や三男の冷ややかな目線を肌でバリバリ感じながら風と彼らの目線をブッチぎって夜な夜な走らせたそうだ。その新命和尚にはいま更に新しい息子が出来た。彼は宇宙飛行士になりたいと言っているそうだ。寺の伝統から抜け出せぬ輪廻の業をしっかり背負い込む男の子だ。

【投稿者】群馬県 のびしずか
このミニ事件は星いくつ? 
  4
2013年04月18日公開
守り神はアマガエル Gray ▼昨年、義母が亡くなった。納骨先を検討する間、鹿児島の義父の実家のお墓に遺骨を預かってもらうことにした。お骨と共に帰郷してみると、お墓の一番上にくぼみがありアマガエルがぴったりとはまっていた。「ご先祖様を守ってくれてるんやねぇ」と、お参りして帰ってきた。すると翌朝、我が家の窓の小さな隙間にアマガエルがちょこんと乗っかっていた。不思議な気がして鹿児島に聞いてみると、お墓に姿がないと言う。それから4~5日じっと動く気配がなかったがどうする事も出来ずにいると、居なくなっていた。あれから1年。先日お墓ができあがったので、ぜひもう一度来ていただきたいと皆で待っている。

【投稿者】大分県 こでまり
このミニ事件は星いくつ? 
  3
2013年04月17日公開
あっ!もしかして! Gray ▼先週、仕事で東欧ポーランドに出張しておりました。現地法人で技術講習を受ける際、1人の東洋人スタッフを紹介されました。ポーランド在住の台湾人女性でした。数年前に、日本に1年間留学していた経験があり、日本ネタで話が盛り上がりました。その話の中で「オオカワテレビが好き」だったと・・は?オオカワテレビ?それってテレビ局の名前?お笑い番組?聞いた事がありません・・・。オオカワテレビ・・その時、あっ!もしかして!!と思い、メモ紙に漢字を書いて彼女に見せました。「そう!それです!オオカワテレビ!」なるほど・・・。そう、それは「大河」、いわゆる大河ドラマのことだったんです。オオカワか~。納得です・・・。

【投稿者】大分県 カルガリーハリケーンズ
このミニ事件は星いくつ? 
  3
2013年04月17日公開
溺酔状態で1回転 Gray ▼友達の家で好きな酒をご馳走になり、千鳥足で、鼻歌歌いながら帰る途中、石につまずき前のめりになった瞬間、子供時代に、とんぼ返りに夢中になった時のように首を曲げ、土を蹴ったのでしょう、見事な1回転で事なく、笑い転げながら帰りました。その友も昨年亡くなり、私も3月に80歳になりました、友達は柔道6段の猛者でした。今年が初盆です。

【投稿者】大分県 飲んべーのミッチャン
このミニ事件は星いくつ? 
  1
2013年04月17日公開
なんか懐かしいな・・・ Gray ▼4月15日、本日は晴天なり!とても暖かかったので、ランチはお弁当を買って近くの公園へ。爽やかな気分で食事をしていたその時っ!割り箸を1本落としてしまったのですっ!仕方なく残った1本を半分に割ることに。始めは食べにくかったのですが、ふと思い出が。。。小学校1、2年生の頃、お箸を忘れた児童は先生から割り箸をもらう、というルールがありました。しかし、もらえるのは1本だけ。「忘れ物をしない」、「物を大切にする」という心を教えてもらってたんだなー、と懐かしさが溢れたぽかぽかな午後のミニ事件でした。

【投稿者】大分県 パー子
このミニ事件は星いくつ? 
  2
2013年04月17日公開
不動産屋の勘違いから大騒動 Gray ▼畳店を経営するOさん。不動産業者から畳の張り替えの依頼を受けました。合鍵を受け取り、アパートへ。合鍵を入れようとした時、電力メーターを見ると、クルクル回転しているではありませんか。これはチャイムを押した方が良さそうだと判断し、押したOさん。中から、若い女性が出てきました。その女性は、Oさんの顔を見るなり、おびえた表情で「警察呼びますよ!」と叫びドアを閉めたのでした。困り果てたOさん。しばらくすると、本当に警察官が現れたのでした。「おや畳屋さん、どうされました?」とOさんの顔見知りの警察官でした。事情を説明し、業者の手違いが判明し一件落着。しかし、顔を見ただけで、通報されるOさんって...。

【投稿者】大分県 スペースローンウルフ
このミニ事件は星いくつ? 
  8
2013年04月12日公開
思いもよらない返答 Gray ▼子供を授かった息子に、初孫となる父親の様子を電話で伝えた。デジタルフォトフレームに取り入れた写真を毎日眺めながら、話し掛け、携帯電話の待受け画面にするなど、うれしくてたまらない姿を話したところ、息子から意外な言葉が返ってきた。「お母さんは、うれしくないの?」。これを聞いた母親は「ガーン」と頭を打たれた感じで、慌てて返答した。「もちろんお母さんもお父さんと同じよ!」と、父親の喜びぶりを伝えようとだけ考えていただけに予想もしなかった応答に少々慌てた母親でした。

【投稿者】大分県 初爺婆
このミニ事件は星いくつ? 
  7
2013年04月10日公開
ゾウさんをキリンに Gray ▼由布市のYちゃんは好奇心旺盛な三歳児。身の回りのもの何にでも興味をもつせいか、何をするにも時間がかかる。ある日、イライラしたお母さんが大きな声を出した。「動作を機敏に!」するとYちゃん、「どうしてゾウさんをキリンにするの?」と言って泣いたという。

【投稿者】大分県 ひろちゃん
このミニ事件は星いくつ? 
  4
2013年04月10日公開
新婚夫婦、「ニ」ャンキーに囲まれる Gray ▼大分に旅行中の新婚夫婦に悲劇が訪れた。市内散策中、眼光鋭い「彼ら」に囲まれてしまったのだ。虎柄や黒づくめ、三色のまだら模様といった派手な服を身にまとった集団が次々と出現。活発な子分から、じっと成り行きを見つめるボスまでいる。そしてうかつに手を出そうものなら、牙をむいて応戦してくる始末…。しかしその正体は多くの野良猫。かわいい『「ニ」ャンキー』の突然の歓迎に、二人は終始顔がほころびっぱなしだった。「私はともかく、妻が彼らに囲まれた時はどうしようかと思った。助けたかったが、何より妻が楽しそうだったので手出しできなかった。最終的に、二人のツーショット写真より猫の写真が多いという結果に。無念」と夫。

【投稿者】秋田県 AKEWO
このミニ事件は星いくつ? 
  10
2013年03月31日公開

みなさんの身の回りで起きているミニ事件簿を大募集。驚いた話や失敗談…などネタは何でもOK。グランプリ作品は紙面に掲載!

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社