ワンダーランドトップページ

深夜の・・・ Gray ▼ある夜の事。枕元の携帯に気づき、電話をとると、娘の「お母さん、火事!」の声。慌てて外を見ると近くの大木が赤く染まっています。パンパンと何かが破裂したような音もしています。でも火事を知らせるサイレンが鳴っていません。早く消防に電話しなければ…私は、焦っていました。109番なのか119番なのかわからなくなっていたからです。通りまで走っていくと消防車が消火活動をしていました。車両火災でした。収まったので安心して布団に戻りました。翌朝、現場へ行ってみると、焼けた車も燃えカスも見当たらず、ただ黒く焼け焦げた銀杏の木が立っているのみでした。昨夜の出来事は、まるで夢のようでした。もしかして…夢だったのか?

【投稿者】大分県 すきっぴー
このミニ事件は星いくつ? 
  0
2013年05月02日公開
息子の先生は… Gray ▼子どもの家庭訪問での話。会社員Oさん方に女性の先生がやって来た。一通り話が終わると、Oさんは「先生、ずいぶん若いでしょ」と切り出した。すると「私、お父さんと同じ歳ですよ」との返事。さらに、同じ高校の同級生と判明したものの、思い出せない。「後で卒業アルバムを見てみよう」とOさんが言うと、先生は「いやっ!アルバムは見ないで下さい!」と言い残し、家庭訪問は終了。それでも気になり、アルバムを見てみると、高校生の時に密かに思いを寄せていた女の子だった。後日、先生からOさん宅に別件で電話があった。「先生、アルバム見ましたよ」と言うと、「私も見た!」とのこと。しばらく、昔話に花が咲いたのでした。

【投稿者】大分県 @onon
このミニ事件は星いくつ? 
  0
2013年04月30日公開
不審者… Gray ▼家を建て新しい土地での生活が始まって、1年ほどたった頃だったでしょうか。子供だけでの留守番は、不審者が来ることもあるから「気を付けないといけないよ」などと話をしていました。その後、私は2階の掃除に励んでいました。すると、子供が2階へやってきて「お母さん、玄関に知らない男の人が黙って立ってるよ…」と。恐る恐る子供と玄関へ。開けてみると、そこには見知らぬ男が…「うぎゃ~~~~~!!」。さっきの不審者の話のあとだったので、必要以上に叫んだ私。見知らぬ方が一言。「すみませんが、区費をお願いします」。区の新しい班長さんだったのです。ごめんなさいね。班長さん…。

【投稿者】大分県 いつもワクワク
このミニ事件は星いくつ? 
  1
2013年04月30日公開
しょわねぇでっち 312_medium ▼義母に子供を預けて美容院に外出。久しぶりにカットしてさっぱりして帰宅すると、「里から電話あったけん」というので、早速、実家に電話をしてみると、「あなた、元気なの?気分でも悪いの?病院に行ったの?」と、母が畳み掛けるのである。訳を聞いてみると、義母が「嫁さんな、今あたまいっちょんけぇん」と言ったらしい。粗忽者の母は娘が育児疲れですっかり「アタマニキタ」と勘違いし「娘は大丈夫でしょうか?」と尋ねるも、さらに言うには「あたまきっちょんけんな、しょわねぇで」。確かに私はビヨウインには行きましたが…。義母は「髪の毛を切りに美容院に行っています」を端折りすぎて、実家の母は慌てすぎ。

【投稿者】大分県 あじさい
このミニ事件は星いくつ? 
  17
2013年04月30日公開
青山の画廊で出会った人 Gray ▼先日、東京都内で開かれたある画家の個展に足を運んだ。そこで出会った大分市内の会社社長となぜか話がはずんだ。そのうち、年齢をお互いに聞く流れになり、何と同じ生年月日(1942年2月8日)であることが判明。めったにないことで、この偶然に喜んだ私です。

【投稿者】東京都 桃乃
このミニ事件は星いくつ? 
  4
2013年04月29日公開
ドリアンキャンディー Gray ▼パソコンのテレビ電話で話した東南アジアの人との話。悪臭だが美味というドリアンの話をしたら本当にドリアンキャンディーを送ってきた。食べてみたら味もにおいも最悪。特にザラッとした口当たりが悪い。妻にも食べさせたら「おえー」と吐き出してしまった。後で「どうだったか」と連絡があったので、「まずい」と言えず「美味しかった」と、つい言ってしまった。すると「そうだろう。自分の6歳になる娘が大好きでいつもねだられる。また送る」と言った。私は慌てて「送料が高いので」と何とか断った。“所変われば品変わる“ということわざがあるが、子供が喜んで食べるとは信じがたい。日本に生まれて幸せだとつくづく思った。

【投稿者】大分県 結城敏郎
このミニ事件は星いくつ? 
  0
2013年04月28日公開
投げキッスではない 305_medium ▼英会話の学校に行っていた時の話。私が車から降りて教室に向かっていたところ、担当の若い女性の先生が教室から出てきた。彼女はたばこを吸うので、いつもの様に外に吸いに出てきたのだろうと思った。私は口の前でたばこを吸う仕草をして「たばこを吸いに行くの?」と黙ってジェスチャーをした。だがその後、会っても目を合わせようとせず、何か様子が変だ。怒っているようだった。「はっ」と思った。ジェスチャーを投げキッスと勘違いし、ばかにされたと思ったのではないかと。説明をし、事なきを得たが冷や汗をかいた。外国にそんなものはないと言った。彼女は今、母国イギリスで主婦をしている。思い出して笑っているかも知れない。

【投稿者】大分県 結城敏郎
このミニ事件は星いくつ? 
  0
2013年04月27日公開
ビールの生る木? Gray ▼つたない英語で東南アジアの人とテレビ電話した時の話。昨夏、お互い大好きな冷たいビールのことで盛り上がった。私の好きなガーデニングの話に移り、果物の話題になったとたん相手が急に「ワーオ ワンダフル」と奇声を発した。「わが国にはパンの木はあるがビールの木はない。美味しいのか?」など、まくし立ててきた。話の展開についていけず、ビールの話に戻ったのかと思ったがよくよく聞いてみた。ビールは「ビアー」と発音。果物が「なる」は「ベアー」。私は「ベアー フルーツ」(果物がなる)と言ったのだが「ビアー フルーツ」(ビールの果物)に聞こえたようだ。相手はがっかりしたがビールの木がほしいとお互いに思った。

【投稿者】大分県 結城敏郎
このミニ事件は星いくつ? 
  0
2013年04月27日公開
わんわんのたまたま Gray ▼私の妻から聞いた話。3歳のおてんば孫娘のこっちゃんから「ねえばーば、ゆうちゃんのたまたまってなーに?」と聞かれた妻は、思わず「おちんちんの後ろに付いているものよ」と答えてしまった。それを横で聞いていたママが「いやだお母さん変なこと教えないでよ」と妻をたしなめた。それから数日後、公園を妻と一緒に散歩していたこっちゃんに「かわいいわんわんがいるよ」と声を掛けたら、じーっと犬の後ろ姿を見つめて一言。「わんわんのたまたま、かわいい」。これを聞いた妻の顔を想像するたびに今でも笑いがこみ上げてくる。我が家に起こったかわいい珍事でした。

【投稿者】大分県 ター坊
このミニ事件は星いくつ? 
  1
2013年04月24日公開
バニラアイス Gray ▼あれは確か18歳の時。友人と二人でファミリーレストランに行き、食後のデザートにバニラアイスを注文した。出てきたアイスを見て、少し変だと感じた私は友人に相談した後に店員さんを呼び、「このアイス黒いカビみたいなのがいっぱい付いてるんですけど大丈夫ですか?」と問いかけた。すると店員さんは「この黒いモノはバニラアイス特有のモノなので心配ございません」と優しく説明して下さった。帰ってから「バニラビーンズ」なるものが存在するという事を知り、激しい羞恥心を覚えた私。しかし、店員さんの説明を受けた後の友人の何もなかったかのように演じる顔。その時私は、「バニラビーンズ」と共に「大人の対応」を学んだ気がする。

【投稿者】大分県 リトルタイガー
このミニ事件は星いくつ? 
  2
2013年04月24日公開

みなさんの身の回りで起きているミニ事件簿を大募集。驚いた話や失敗談…などネタは何でもOK。グランプリ作品は紙面に掲載!

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社