ワンダーランドトップページ

はさみ

1915_medium ▼孫娘がやっと3歳になった頃のある日、はさみの使い方を覚え、その面白さにすっかりはまってしまいました。紙を与えるとじょきじょきと切り刻み、キャッキャッと歓声をあげます。「なにかない? なにかない?」と切るものをねだります。はさみの魔術の虜になった感じです。ところが、その日の夕方「じいじじいじ切れたよ!」と得意満面の笑顔で駆け寄ってきたその手には、なんとコードを切られた受話器がしっかりと握られていました。

【投稿者】大分県 しんちゃん
このミニ事件は星いくつ? 
  4
2018年04月07日公開
このエントリーをはてなブックマークに追加
ミニ事件簿ワンダーランド選考委員会からのコメント

ミニ事件簿ワンダーランド選考委員会からのコメント

第64回(3月期)月間大賞は「はさみ」

■さだまさし特別顧問のツボ■
 はさみは子どもにとって魔法の道具です。その分危険も伴うので気をつけなければなりませんが、自分の手指では絶対に切ることができないものが素早く、きれいに切れるのですから。僕は小学校に上がる前に近所の友達を家に呼び、理髪店さんごっこをして互いの髪をめちゃめちゃにして、ひどくしかられたことがありました(笑)

閉じる
総評はこちら グランプリ 準グランプリ グランプリ履歴

みなさんの身の回りで起きているミニ事件簿を大募集。驚いた話や失敗談…などネタは何でもOK。グランプリ作品は紙面に掲載!

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社