ワンダーランドトップページ

愕然ときた中身

1752_medium ▼40年前の事件です。当時、某ロボット漫画が大流行していました。次々にオリジナル商品が発売される中、満を持して出てきた商品が、ジャンボ○○と名付けられた50cmはあるであろう巨大なロボット人形でした。高額だっため子供には買えず、友達が親に買って貰ったのを遠巻きに見るのがやっとでした。そんな時、近くの玩具屋さんで、そのロボット人形の小さめの商品の箱を発見。これなら買える!箱の大きさは20cmくらいだったでしょうか。50cmの人形にはとても及びませんが、これで十分!嬉しくて笑いながら家に帰りました。さあ遊ぼう!箱を開けた瞬間、愕然ときました。中身は50cmの人形の取替用の腕の部分でした。泣きました

【投稿者】大分県 カルガリーハリケーンズ
このミニ事件は星いくつ? 
  9
2017年09月13日公開
このエントリーをはてなブックマークに追加
ミニ事件簿ワンダーランド選考委員会からのコメント

ミニ事件簿ワンダーランド選考委員会からのコメント

第57回(8月期)月間大賞は「怖さと恥ずかしさ」

■さだまさし特別顧問のツボ■
これは悲しい大事件です!小遣いの少ない子どもには余りにも酷い事件ですね。 どうして世間はお金の無い子に冷たいのでしょうね。僕も昔、少ない小遣いを はたき、駄菓子屋で籤引き式の甘納豆を買ったら一等賞が当たり、巨大な袋を 貰って喜んで開けると、袋が大きいだけで、中身は小さな袋と同じ量でした。

閉じる
総評はこちら グランプリ 準グランプリ グランプリ履歴

みなさんの身の回りで起きているミニ事件簿を大募集。驚いた話や失敗談…などネタは何でもOK。グランプリ作品は紙面に掲載!

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社