ワンダーランドトップページ

人生訓

1941_medium ▼我が家の5人きょうだいの中で最もたくましい3番目(7歳)の娘。ある日、夕方まで遊び尽くして帰宅した娘をふと見ると…膝には擦り傷、手のひらのマメは潰れ、暑さのせいかのぼせて鼻血。全身至るところに血の跡が付いているではないか!その姿たるやとても21世紀生まれとは思えない。思わず笑ってしまったものの、しょげながら帰宅したであろう娘に『もしかして泣きながら帰ったの?』と聞いてみたら…まさかの名言が返ってきた。『ううん、上を見ながら帰った』と。辛い時こそなんとやら。7歳にしてそこまで悟っているなんて…こりゃ大物になるぞと感心していると、最後にもう一言。『鼻血が垂れるからねー』と。あ、そういう事ね…(笑)

【投稿者】大分県 あすか
このミニ事件は星いくつ? 
  7
2018年06月12日公開
このエントリーをはてなブックマークに追加
ミニ事件簿ワンダーランド選考委員会からのコメント

ミニ事件簿ワンダーランド選考委員会からのコメント

第66回(5月期)月間大賞は「ロケット」

■さだまさし特別顧問のツボ■
いやいや、「あ、そういうことね」とかって笑い事じゃないでしょ。沢山怪我して鼻血まで出してる7歳の娘の身体や心の心配もせずに笑う凄さ。この親にしてこの子あり。5人きょうだいだとここまで子供に大らかに接することが出来るんですねえ。一人っ子がひ弱になる理由が垣間見えます。素晴らしい家庭。

閉じる
総評はこちら グランプリ 準グランプリ グランプリ履歴

みなさんの身の回りで起きているミニ事件簿を大募集。驚いた話や失敗談…などネタは何でもOK。グランプリ作品は紙面に掲載!

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社