ワンダーランドトップページ

チップ

2018_medium ▼20年前慰安旅行でシンガポールに行った時のことです。人力車で市内観光のとき、上り坂になり一番ふくよかなナースさんを乗せた車のお兄さんが、日本語で「重たい重たいチップチップ」と叫んでいます。ナースさんはおかしいやら恥ずかしいやらで、慌てて100円硬貨を渡し坂を上り切りました。そしてレストランに着くと入口の所でじいさんが、チップチップとうるさいので100円渡しました。食事を終え、ホテルに帰ると別のナースさんがタクシーの中に財布を落としたと青くなっていました。すぐにレストランに電話したら、30分後に無事サイフを届けてくれました。じいさんが私たちの乗ったタクシーを覚えていたのです。チップ恐るべし!

【投稿者】大分県 しんぞう君
このミニ事件は星いくつ? 
  7
2018年10月15日公開
このエントリーをはてなブックマークに追加
ミニ事件簿ワンダーランド選考委員会からのコメント

ミニ事件簿ワンダーランド選考委員会からのコメント

第70回(9月期)月間大賞は「今も昔も変わりなく」

■さだまさし特別顧問のツボ■
チップ文化の無い日本とはホスピタリティの質が違います。しかしチップは賄賂とは違って正当な報酬ですから、貰ったチップに対して正当な働きをするのが人として正しいのですが、お金は人の目を曇らせます。がっかりすることも多く、時々悲しくなりますが、シンガポールの人々の正義感が嬉しいですね。

閉じる
総評はこちら グランプリ 準グランプリ グランプリ履歴

みなさんの身の回りで起きているミニ事件簿を大募集。驚いた話や失敗談…などネタは何でもOK。グランプリ作品は紙面に掲載!

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社