ワンダーランドトップページ

同じ料理は食べたらダメやケン! 1586_medium ▼大分市内の警察署に勤務する50代のベテラン署員は愛犬1匹を室内で飼っている。最近、家族の食事風景を潤んだ瞳でジッと見詰めてくるという。「さてはドッグフードに飽きたのか?」。よし、ほら食べろ……と食卓のグルメをあげたいところだが、そうさせないのにはワケがある。「幼少期に実家で飼っていた犬は、人間と同じ料理を毎日食べさせた結果、体調を崩して死んでしまったんよ」。直接的な原因だったかは不明だが、苦しむ姿はもう見たくない。「代わりにといってはなんだけど」と署員。財布のひもをほどき、バラエティーに富んだいろんな種類のドッグフードを買い与えている。
2018年12月12日掲載
加熱し過ぎにご注意 1585_medium ▼先日昼、大分市内の老人ホームで火災報知機の鳴動を知らせる一報が市消防局に入った。すぐに施設に電話をして確認したが「火や煙は見えないけど…」とのこと。ただ原因が分からず「何らかの被害があっては大変」と念のために消防隊員が現場へ。到着後、職員に状況を尋ねると「原因が分かりました」。キッチン内でトースターを使用中、パンを焦がしてしまい、その煙が反応したらしい。「調理中は目を離さないでね」と隊員は胸をなで下ろし、現場を後にした。
2018年12月11日掲載
長距離走行前、チェック欠かさずに 1584_medium ▼先日、大分市高崎の東九州自動車道大分インターチェンジ(IC)付近で、「前を走っている大型トラックから煙が出ている」と110番通報があった。トラックを運転する男性も異変に気付いて大分ICを出たところで停車。左後輪が燃えており、駆け付けた市消防局の隊員が消火活動をして約30分後に消し止めた。けが人や延焼はなかった。  男性は宇佐市から大分市内の会社へ戻る途中で「臭いや煙で分かった」という。年末年始は帰省などで長距離走行をする人が増える。県警高速隊員は「出掛ける際はしっかり車両点検を」。
2018年12月10日掲載
汗だく「暑い冬」の洗礼 1583_medium ▼今年、大分東署佐賀関駐在所に赴任したベテラン署員は新任地で初めての冬を迎えた。12月に入って冬服になったものの2日目には県内各地で季節外れの暑さに。パトロールをしていた署員はクリーニングをしたばかりの冬服が汗で汚れてしまった。「今年の冬は気温変化にも気を付け体調管理をしなければ」。暖冬とされる今年の冬を乗り切るため、気持ちを新たにした。
2018年12月07日掲載
崖から転落…不幸中の幸いにホッと 1582_medium ▼先日昼、大分市内の建設会社の作業場で「人が乗ったトラックが崖から落ちた」と同僚から119番通報があった。市消防局の隊員が現場に急行。運転していた高齢男性は市内の病院に運ばれたが、頭部の軽傷で済んだ。男性は駐車するためトラックをバックさせていたところ、誤って転落。崖下10メートル以上ある場所だったが、幸いにも途中に草木が茂った平らな場所があり、5メートルほど落下したところで止まった。同僚たちは「一番下まで落ちていたら死んでいたかも」と冷や汗。不幸中の幸いに、隊員も胸をなで下ろした。
2018年12月06日掲載
「盗まれた」アイパッドが移動中? 1581_medium ▼先日、大分市の東九州自動車道下り線松岡パーキングエリアを利用した県外の男性から、「トイレにiPad(アイパッド)を忘れた」とネクスコ西日本に電話があった。連絡を受けた県警高速隊員が現場へ。すると、同じ男性から「盗まれたかもしれない」と再び連絡が入った。男性によると、携帯で自分の端末の場所をGPS検索したところ、佐伯市内を移動していることが分かった。「犯人が逃走しているのか」と隊員が警戒していると、ネクスコから「うちが拾得していました」と連絡が。実はパトロール中のネクスコ職員が偶然見つけ、持って帰る途中だったという。「見つかって良かった」と隊...(続きは画像をクリック)
2018年12月05日掲載
犬ももらってうれしい!?反射材 1580_medium ▼先日夕、安全意識を高めようと、大分中央署のベテラン署員が同署の前で歩行者に呼び掛けをしていた。そこで配布したのはアームバンド式の反射材。腕にくるりと巻き付くので手軽に使用できる。「こんばんは、どうぞ」。犬の散歩中だった女性に手渡すと犬が何やら寂しそう。「君も使ってみるかい」。署員が首に巻き付けてあげると予想以上にピッタリ。しっぽを振って去っていく犬を見て「多くの人に反射材をつけてもらうため、良い広告塔になってくれるといいな」。
2018年12月04日掲載
よく眠れるけど…パパは寂しい? 1579_medium ▼大分市内の警察署に勤務する50代ベテラン男性署員は年齢を重ねても健康であることが自慢。秘(ひ)訣(けつ)は「寝ること」。普段、仕事がある日は早起きするが、休日は睡眠をしっかり取るという。ところが「よく眠る理由は悲しい理由があるんよ」と署員。それは20代になった娘が関係しているという。「娘が小さい頃は遊びに行こうと起こされていたが、今は全くない。逆にこちらから出掛ようと誘うと嫌がられるからね」。少し自虐交じりに健康観を語る署員だった。
2018年12月03日掲載
五輪見据え…世界基準の柔道着 1578_medium ▼県警機動隊の30代男性隊員は夫婦ともに柔道経験者。1歳6カ月の長男が「大きくなったら柔道でオリンピックに出る」のが夢だ。いずれ世界で活躍するために―と、国際大会で使用するブルーの子ども用柔道着を購入。早くも隊員が直々に熱血指導をしている。2020年東京五輪は間に合わないが、「28年のロサンゼルス五輪を狙ってますよ」と隊員。世界基準の柔道着が様になっている息子に「早く父親の背中を超えてね」。日本を背負うようなビッグな成長を心待ちにしている。
2018年11月30日掲載
使いづらいけど、便利そう… 1577_medium ▼大分市内の警察署に勤務する50代ベテラン男性署員は「ガラケー」と呼ばれる従来型の携帯電話を使用している。以前、妻に勧められてスマートフォンを持っていたこともあったが、扱いにくかったという。「若い人みたいに片手で操作したけど、指が届かないんよな」。携帯なんて電話さえできればいいと、強がっているものの、周囲の若手署員がスマホの地図アプリを使って店探しをしているのを目撃。健康管理ができる機能を備えていることも知った。「やっぱり便利そう」。妻にスマホが欲しいと言い出せないでいる。
2018年11月29日掲載

みなさんの身の回りで起きているミニ事件簿を大募集。驚いた話や失敗談…などネタは何でもOK。グランプリ作品は紙面に掲載!

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社