ワンダーランドトップページ

ムシできない煙と警報音

1267_medium ▼先日、大分市内のマンション住民から「他の部屋で火災報知機が鳴っている。煙の臭いもする」と119番通報があった。市中央消防署の隊員が現場に急行。部屋を特定し、住人を訪ねたが出てこない。「中で倒れているのでは」。現場に緊張が走った。管理会社に連絡して確認すると、住人の中年女性が「すみません。害虫駆除してました」。鳴っていたのはガス警報器。女性は当時留守で、その間にくん煙殺虫剤を使っていた。同消防署の男性隊員は「使う際は、ガス警報器を一時的に止めるか、袋などで覆うように」と注意した。
2017年09月06日投稿

みなさんの身の回りで起きているミニ事件簿を大募集。驚いた話や失敗談…などネタは何でもOK。グランプリ作品は紙面に掲載!

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社