ワンダーランドトップページ

時計購入に度重なる不運

1283_medium ▼先日、大分東署のベテラン署員は、長年愛用していた腕時計が壊れたため、休日を利用して大分市内の時計店に行った。ずらりと時計が並んでいる中、デザインと手頃な値段に引かれた1点を買うことに。しかし、そこから不運の連続。受け渡し前の最終チェックで、不具合が見つかり、泣く泣く色違いを購入。その後、飲み会に行くとベルトの留め具が外れ地面に落下。修理するも、今度は1カ月もたたずに電池切れ…。時計店の店員は「珍しいですね」と申し訳なさそうに首をかしげた。新品と交換してもらったものの、「おはらいにでも行った方がいいのかな」と署員。
2017年09月28日投稿

みなさんの身の回りで起きているミニ事件簿を大募集。驚いた話や失敗談…などネタは何でもOK。グランプリ作品は紙面に掲載!

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社