ワンダーランドトップページ

睡魔との負けられない戦い

1468_medium ▼大分市内の警察署に勤務する40代男性署員はサッカーワールドカップ(W杯)で、日本代表の試合を楽しみにしている。先日のセネガル戦も自宅でテレビ観戦したが、家族は興味なし。「1人で見るか」と別室に移動し、ひっそり応援することに。開始は午前0時と遅く、自然と横になると「あれ、まずいぞ」。睡魔が襲ってきた。前半は何とか耐えたが、気付けば試合は終了。終盤に追い付き、引き分けに持ち込んだ選手たちの雄姿を見逃した。「眠気に負けた」とがっくり。次は決勝トーナメント進出が懸かる一戦。開始は午後11時。「眠気にも絶対負けられない戦いだ」と署員。
2018年06月27日投稿

みなさんの身の回りで起きているミニ事件簿を大募集。驚いた話や失敗談…などネタは何でもOK。グランプリ作品は紙面に掲載!

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社