ワンダーランドトップページ

被害拡大食い止めた“救世主”

1512_medium ▼先日、大分市内で「ビニールハウスから火が出て黒煙が上がっている」と近くにいた男性から119番通報があった。通報者の男性がホースで初期消火。市消防局の隊員が約30分後に消火したのを確認した。約300平方メートルを焼き、けが人はなかった。ビニールハウスは80代の男性が所有。当時、近くで草を燃やしており、風にあおられて燃え移ったらしい。高齢のため手に負えない様子で、近くにいた男性が手助けした。隊員は火の取り扱いに気を付けるよう注意し、現場を後にした。
2018年08月28日投稿

みなさんの身の回りで起きているミニ事件簿を大募集。驚いた話や失敗談…などネタは何でもOK。グランプリ作品は紙面に掲載!

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社