ワンダーランドトップページ

なぜ? 自慢の疑似餌で“空振り”

1526_medium ▼大分市内の警察署に勤務する50代ベテラン男性署員は釣りを趣味にしている。凝っているのが疑似餌。師匠と慕う先輩署員から「疑似餌は自分で作ったものを使わないと」と言われ、鉛を買ってきてはサンドペーパーで磨き、色を塗って仕上げる。それを持って2人で釣りに行くと、本当によく釣れるという。先日、久しぶりに1人で釣りに出掛け、自慢の疑似餌で勝負したところ全くダメ。「単に腕が落ちたのか、そばにいる師匠のアドバイスが良かったのか…」。首をかしげるばかりだった。
2018年09月17日投稿

みなさんの身の回りで起きているミニ事件簿を大募集。驚いた話や失敗談…などネタは何でもOK。グランプリ作品は紙面に掲載!

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社