ワンダーランドトップページ

報知機誤作動、犯人は台風

1537_medium ▼台風24号が県内に被害をもたらした日、大分市消防局にも思わぬ余波が…。市内の10階の集合住宅に住む男性から「火災報知機が鳴っているが火や煙はない」と119番通報。隊員らが急行したが、確かに火も煙も見当たらない。報知機が鳴った場所は、最上階にあるエレベーター管理室。普段は人が入らない密室で、隊員によると台風による雨風、湿度変化が原因とみられる。この日、集合住宅やビルで報知機が鳴ったという通報は、朝から深夜まで計11件続いた。集合住宅・ビル用の報知機は、戸建て住宅用と違って誤作動対策が難しいという。「しっかり反応しているのは良いことだけど…」と隊員は困り顔。
2018年10月02日投稿

みなさんの身の回りで起きているミニ事件簿を大募集。驚いた話や失敗談…などネタは何でもOK。グランプリ作品は紙面に掲載!

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社