ワンダーランドトップページ

「大事にして…」親の財布、子知らず

1619_medium ▼大分海上保安部の30代保安官は先日、次男に縄跳びを買ってあげた。「実は値段が千円もしたんだ」と苦り顔。「授業で使う」と言う次男に「100円均一でいいか」と尋ねると、首を横に振られた。同級生の多くは、学校のあっせん品を買ったという。「仕方ない」と購入したが、数日後…。自宅前の路上に縄跳びが落ちているのを、帰宅した保安官が発見。見ると次男の名前が書いてある。「買ってもらった本人には、ただの縄跳びかもしれないけど、これは普通と違うんだよな…」と保安官。「お金を払った者だけが分かる痛みなのかな」とポツリ。
2019年02月04日投稿

みなさんの身の回りで起きているミニ事件簿を大募集。驚いた話や失敗談…などネタは何でもOK。グランプリ作品は紙面に掲載!

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社