ワンダーランドトップページ

高速道路で散歩は危険!

1624_medium ▼先日早朝、佐伯市の東九州自動車道上りの佐伯堅田インターチェンジ(IC)付近で「人が路肩を歩いている」と通行車両の男性から110番通報があった。夜明け前で辺りは真っ暗。「事故があっては大変だ」と県警高速隊員が急行、車道の脇をテクテク歩いている高齢の男性を見つけた。「ここは歩けませんよ」と隊員が注意をすると、男性はキョトンとした顔で「え!? 散歩をしていて全く気付きませんでした」。佐伯ICから下りはゲートや料金所がなく、標識を見落とした歩行者やバイクが進入することがまれにあるという。「健康のためにウオーキングするのはいいことだけど…」と隊員は厳しく注意した。
2019年02月12日投稿

みなさんの身の回りで起きているミニ事件簿を大募集。驚いた話や失敗談…などネタは何でもOK。グランプリ作品は紙面に掲載!

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社