ワンダーランドトップページ

工場からモクモク、見慣れず勘違い

1660_medium ▼先日、大分市内の工場が立ち並ぶ場所にいた男性から「白煙が上がっている。焦げ臭い」と119番通報があった。「火災か」と市消防局の隊員が急行したが、火の手はなし。煙は産業廃棄物の処理施設からモクモクと出ていた。男性は普段は通らない場所のため勘違いしたよう。「何事もなくてよかった」。隊員は胸をなで下ろした。
2019年04月01日投稿

みなさんの身の回りで起きているミニ事件簿を大募集。驚いた話や失敗談…などネタは何でもOK。グランプリ作品は紙面に掲載!

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社