ワンダーランドトップページ

まさか本当に「ジューケーキ」

1768_medium ▼大分市消防局の30代職員は9月までラジオに出演していた。毎週、火災の注意点などを話していたという。職員が住宅用火災警報器の設置を呼び掛けていた時のこと。警報器の略称「住警器」にちなみ、「ジューケーキというお菓子があったら面白い」。何気なく言ったことにリスナーの洋菓子店シェフが反応。「ぜひうちで作らせてほしい」と市消防局に電話があり、警報器をかたどったケーキが完成した。「ひと言から本当にケーキができるとは…」。同店が予約制で販売を始めると早速局内で話題になり、購入者も出たという。
2019年10月01日投稿

みなさんの身の回りで起きているミニ事件簿を大募集。驚いた話や失敗談…などネタは何でもOK。グランプリ作品は紙面に掲載!

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社