ワンダーランドトップページ

本人確認、片言英語でトライ成功

1773_medium ▼先日、大分市の大分中央署大分駅前交番にパスポートの落とし物が届けられた。オーストラリアの20代女性の名義で、JR大分駅南側のファンゾーンの近くで警備員が拾ったという。約1時間後、持ち主とみられる女性が慌てて交番に駆け込んできた。40代男性署員は「間違いがあってはいけない」と片言の英語や身ぶり手ぶりを交えて必死に対応。本人だとしっかり確認し、無事に返すことができた。事情を聴くと、ファンゾーンのアナウンスで名前を呼ばれ、落としたことに気付いたらしい。女性はもちろん、大役を果たした署員も「ホッ」。
2019年10月09日投稿

みなさんの身の回りで起きているミニ事件簿を大募集。驚いた話や失敗談…などネタは何でもOK。グランプリ作品は紙面に掲載!

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社