ワンダーランドトップページ

蛇が家に出入り自由とは… 1695_medium ▼先日午後5時ごろ、大分市中央消防署に「家の中に蛇が出た。退治してほしい」と119番通報があった。通報したのは大分市大道町の男性(73)。1階の台所付近で蛇を見つけたらしい。駆け付けた署員が家具などを動かして、屋内をくまなく捜索。蛇の姿は見当たらなかったが、台所の壁に直径約5㌢の穴を発見した。「おそらくこの穴から屋内に出入りしていたのだろう」と署員。穴をふさぐ応急処置をし、「これで一安心だろう」。
2000年05月24日掲載 (2019年06月25日投稿)
たとえ火花でも危険ですよ 1694_medium ▼先日午後2時ごろ、大分市家島の民家から「家の車庫が燃えている」と119番通報があった。すぐさま、家人が消火器やホースで水をかけるなどして消火作業に当たったため、大分市東消防署員が駆け付けたときにはすでに消えていた。焼けたのは塩化ビニール製の車庫の屋根半分と、車庫に置いていたソファ。車庫内で、家人が高速切断機を使って鉄筋を切断していたところ、その火花がソファに引火したらしい。「火への対応が素早かったため、被害も大きくならずにすんだが、こういう作業をする際は、周りに十分注意して」と署員。
2000年05月23日掲載 (2019年06月22日投稿)
署へダッシュ、目的は「たばこ」 1693_medium ▼先日午後8時半ごろ、別府署に20歳ぐらいの男性2人が駆け込んできた。あまりにも急いだ感じだったので、「何事が起きたのか」と不審に思った署員が行動を見ていたところ、交通課窓口の向かいにあるたばこの自動販売機に直行。署員が「何か用事ですか」と尋ねると「たばこを買いに来ただけです。警察には全く用事はありません」と笑顔でたばこを持ち、軽やかな足取りで玄関から出て行った。「たばこを切らすとなぜか余計に吸いたくなるのは分かるが、どうして署内に自動販売機があることを知っていたのかな」と首をかしげた署員。「運転免許証の更新などで来て知っていたんだろう」と推理した。
2000年05月22日掲載 (2019年06月21日投稿)
病院火災? 誤作動でホッ 1692_medium ▼先日午後10時半ごろ、大分市中央町の病院で火災報知器が作動していると通報があり、大分中央消防署から消防車、救急車計8台が出動した。「病院で火事」と、通行人も足を止めて見守った。ところが、当の病院内は火災報知器が鳴るどころか、シンと静まり返り、人が飛び出してくる様子もない。大分市消防局によると、どうやら消防局に直通でつながっている機械が誤作動を起こしたのではないかという。「病院で火事と聞いたときはびっくりしたが、原因は何だろうと、とにかく誤作動で本当に良かった」と同署員。
2000年05月20日掲載 (2019年06月20日投稿)
うっかり忘れちゃダメ 1691_medium ▼先日午前7時ごろ、県道22号の大分港小中島川泊地にかかる家島橋下を、岩塩を積んだ貨物船(199㌧、船長ら2人乗り組み)が通過した際、マストと、橋の下にある看板がぶつかり、「ガン」という大きな音。通報を受けた大分海上保安部員が現場に駆けつけたが、看板、マストとも曲がった程度の軽い損傷。家島橋を通行中の車などにもまったく影響はなく、貨物船は予定通り、工場に入港し、荷揚げを行った。この看板には、船の高さに注意するように表示しているのだが、船のマストをうっかりたたみ忘れたらしい。「今後は看板に十分注意して」と同部員。
2000年05月19日掲載 (2019年06月19日投稿)
猫なで声?の目覚まし時計 1690_medium ▼先日夜、別府署に「何か動物の鳴き声がする。気になるので見てほしい」と市内の女性から110番通報があった。「一体何が鳴いているんだ?」と署員を派遣したが、現場に向かう途中、女性から再び通報があり、「すみません、間違いでした。家の目覚まし時計が鳴っているだけでした」と恐縮した様子。〝一件落着〟となったが、「午前にセットしていた目覚まし時計が午後に鳴ったんだろうな。動物の鳴き声と言っていたが、どんな音の目覚まし時計なのだろう」と疑問が解けないままになっている。
2000年05月18日掲載 (2019年06月18日投稿)
気をつけたんだけどなぁ 1689_medium ▼先日昼ごろ、別府市内の会社員男性(24)は仕事中、乗用車で山間地を走っていて道に迷ったことに気づいた。狭い坂道なのでUターンするのは難しく、バックして転回場所を探すことにした。右側ががけなので「落ちないように気を付けなきゃ」と思って、左に車を寄せて走っていたところ、左側の農業用水路に左の前輪が落ちた。近くの人や、たまたま通りかかった会社の先輩に応援を求め、ジャッキでタイヤを持ち上げて約1時間後に車を上げた。周りの人の優しさに心を打たれながらも、「落ちちゃいけないと自分に言い聞かせて気を付けていたのに脱輪するなんて」と運転技術の未熟さを思い知らされた男性。先輩から「けががなかったのは幸い。もっとよく考えて運転しろよ」と念を押された。
2000年05月16日掲載 (2019年06月15日投稿)
心の優しい若者に署員も感心 1688_medium ▼先日午後10時半ごろ、男性(22)が傷ついたフクロウを袋に入れ、大分南署を訪れた。男性は「フクロウを診てくれる獣医さんを探してください」と心配そう。挾間町内を車で走行中にはねてしまったという。フクロウは羽をけがしており元気がない。「それは大変」と、署員が10件ほど電話して、フクロウを治療する動物病院が見つかりホッと一安心。男性は「そこなら私の家の近くなので、自分で連れていきます」と病院に向かった。「最近、若者が何かと暗い事件を起こしているが、中には心優しい人もいるんだなぁ」と署員。
2000年05月15日掲載 (2019年06月14日投稿)
だれです? 不思議な落とし物 1687_medium ▼先日午後3時半ごろ、大分中央署に「大分市大津町の県道にガラス片が落ちている」と110番通報があった。現場に駆けつけた署員が付近を探すと、県道の下り車線で、すっぽりと抜け落ちた乗用車のフロントガラスが見つかった。「何か事故があったのかも」と調べたが、他には何も見つからず、関係のありそうな事故の報告もなし。交通の妨げになるので署員が、自動車業者に連絡して回収した。「フロントガラスの落とし物なんて、聞いたことがない。どうして落ちていたのか不思議」と署員。
2000年05月13日掲載 (2019年06月13日投稿)
「借りた金は当日に」う~ん律儀 1686_medium ▼先日深夜、別府署観光港交番に別府市内の女性(64)が訪れた。この日の朝、女性は愛媛県に住む姉に会いに行くため、フェリー乗り場で乗船券を買おうとして、お金を入れたビニール袋がないのに気付いた。「どうしよう」と困惑しているうちに船は出てしまった。窮状を見かねた警備員から「警察に相談してみたらどうですか」とのアドバイスを受け、観光港交番に駆け込んだ。「家に戻ってお金を持って来るのも大変でしょう」と署員。好意で片道の船賃として2000円を借り、次の便に乗ったが、女性は、お金を返すために日帰りして交番を訪れたという。「借りたその日に返しに来るなんて、律儀な人だなあ」と感心する署員に、「最近、悪い警察官の話をよく聞きますが、優しいおまわりさんに助けていただいた...(続きは画像をクリック)
2000年05月12日掲載 (2019年06月12日投稿)

本日のミニ事件簿はこちら。夕刊社会面に掲載した記事をそのままアップ。今日も何やら珍事件のにおいが…。

ワンダーランドトップページ

  • ミニ事件簿クラシック
  • ミニ事件簿オンタイム
  • 投稿!ミニ事件簿グランプリ
  • ミニ事件簿投稿はこちら
  • 書き方講座はこちら

大分合同新聞社

大分合同新聞社 ※ 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社に帰属します   制作・デジタルバンク株式会社